YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

出張会議「事業承継」
シーズンインしました(^^)
正に、ブレイク!
至福の打球感
旅行の思い出の品?
断捨離スキー板
仙台観光
砂上
夜便の出張(・・;)
「豊岡鞄」というブランド?
またまた、土日雨☔️
いきなりスキーシーズン⁈
「のどぬーる ぬれマスク」まとめ買い
会務漬け(・・;)
なるほど税務 山中会計事務所

2014年3月
<なるほど税務>

トップページ

> なるほど税務 INDEX > 2014年3月

公的年金の源泉徴収徴収票の紛失>>>最速入手(所得・法人税)

(Mar 09, 2014)

今年も確定申告が完了します。
しかし、一件だけ資料待ちのペンディング。


それは、納税者の公的年金源泉徴収票の紛失による再発行待ち。
写真上が、ご存知の公的年金源泉徴収票です。
数年前から、青色印字の支払通知書と区別する為に、赤っぽい印字のものに変更。
しかし、事務所内での納税者の紛失件数は、一向に減らない。
今年も高齢な納税者の何人もが紛失して作業が滞ってしまった...。

日本年金機構も最近は、再発行に当たり本人確認が厳しい。
再発行には10日から2週間。
最寄りの社会保険事務所に本人が出向けば、その場で再発行してもらえるが、高齢な納税者は、フットワークがさほど軽くはない。


そこで考えたのが「ねんきんネット」の利用。
勿論、納税者に同意をもらった上での話ですが。
年金基礎番号を電話等で、知らせてさえもらえれば、過去の年金源泉徴収票をネットで確認し印刷も出来てしまう。




手続きとしては、「ねんきんネット」でユーザーIDの申請をする。
4日くらいで、年金受給者の自宅に写真上の封筒が届く。
黄色で目立つので、高齢者には判りやすい。
郵送されたユーザーIDをFAXしてもらうか、届けてもらう。



後は、事務所のパソコンから「ねんきんネット」にログイン。
ご覧の通り、過去の年金源泉徴収票も確認出来ます。
今回は、自分の父親の分を調べてみました。

他人の年金、つまり財産権を閲覧出来るので、チョット怖い...。
実行する場合は、くれぐれもトラブルにならないように気をつけください。

2014/03/09 Ky Blog Press
--iPadから送信