YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

出張会議「事業承継」
シーズンインしました(^^)
正に、ブレイク!
至福の打球感
旅行の思い出の品?
断捨離スキー板
仙台観光
砂上
夜便の出張(・・;)
「豊岡鞄」というブランド?
またまた、土日雨☔️
いきなりスキーシーズン⁈
「のどぬーる ぬれマスク」まとめ買い
会務漬け(・・;)
なるほど税務 山中会計事務所

2013年6月
<なるほど税務>

トップページ

> なるほど税務 INDEX > 2013年6月

安倍政権では不要?>>>適用額明細書(なるほど税務・その他)

(Jun 13, 2013)

平成23年4月1日以後終了する事業年度において、租税特別措置法の適用を受ける法人が提出する書類があります。



写真上がその書類「適用額明細書」です。
申告書の様な用紙ですが、申告書ではありません。
また、別表でもありません。
わかり易く表現すると、財務省のための「統計資料」のようなものです。
しかし、提出しない場合や虚偽記載があった場合には、法人関係特別措置の適用が受けられなくなります。




写真上は、国税庁のホームページからダウンロードできる「適用額明細書の記載の手引」。
このパンフレットには、この書類を提出する趣旨や方的根拠が記載されています。

大企業しか適用していない租税特別措置法を炙り出し、無駄な租税特別措置法を廃止しようと云うのが、民主党の目的でした。


現在の安倍政権の自民党下では、経済刺激策を前面に打ち出し、租税特別措置法を増やす方向にあります。
という事は、「適用額明細書」なんて、今後も提出し続ける必要があるのだろうか?
復興特別法人税とか、無駄ばかりが目立つと感じるのは、面倒臭がりの私だけでしょうか?

2013/06/13 Ky. Blog Press
-- iPadから送信