YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

出張会議「事業承継」
シーズンインしました(^^)
正に、ブレイク!
至福の打球感
旅行の思い出の品?
断捨離スキー板
仙台観光
砂上
夜便の出張(・・;)
「豊岡鞄」というブランド?
またまた、土日雨☔️
いきなりスキーシーズン⁈
「のどぬーる ぬれマスク」まとめ買い
会務漬け(・・;)
なるほど税務 山中会計事務所

2013年5月
<なるほど税務>

トップページ

> なるほど税務 INDEX > 2013年5月

新会計基準への移行>>>手作業が無難?「急がば回れ」(なるほど税務・その他)

(May 24, 2013)

本年から顧問を依頼された 社会福祉法人の決算が、昨日無事に評議員会で承認され一安心。
今年度予算は、先方にて新会計基準で予算書を作成したので、平成25年4月からの処理も新会計基準に準拠して処理することになります。



新会計基準移行のセミナーには、幾度か参加しました。
写真上は、全国社会福祉協議会の参考書。
財務諸表の体型変更、事業区分、拠点区分、サービス区分等の会計区分の変更そして1年基準、時価評価、リース会計、減損会計、税効果会計等の新しい会計手法の導入などが、変更のポイント。
新しい会計手法は殆どの場合無関係なので、会計区分の設定と科目の引継ぎが実務では、ポイントになるのではないでしょうか?



事務所にて使用しているのは、PCAの社会福祉法人ソフト。
ヴァージョン3まで旧会計基準に対応し、ヴァージョン4で新会計基準による処理が可能になります。
両者を橋渡しするのに「データ移行ツール」というプログラムを利用します。
しかし、どうも科目引継に無理があり不安を感じたので、途中まで作業をしましたが利用を辞めました。

ちょっと手間は掛かりますが、ヴァージョン4の前準備から決算数字を手入力することにしました。BS数字だけでなく、摘要文や自動仕訳も入力しなくてはなりませんが、多分この方法のほうが、科目や金額のバグに悩まされることがないのでは...。
「急がば回れ」だと思います(^_^)

2013/05/24 ky Blog Press
-- iPadから送信