YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

出張会議「事業承継」
シーズンインしました(^^)
正に、ブレイク!
至福の打球感
旅行の思い出の品?
断捨離スキー板
仙台観光
砂上
夜便の出張(・・;)
「豊岡鞄」というブランド?
またまた、土日雨☔️
いきなりスキーシーズン⁈
「のどぬーる ぬれマスク」まとめ買い
会務漬け(・・;)
なるほど税務 山中会計事務所

2012年10月
<なるほど税務>

トップページ

> なるほど税務 INDEX > 2012年10月

電子版「税務インデックス」の実力(なるほど税務・その他)

(Oct 16, 2012)




自炊したPDF版の「税務インデックス」と800円で購入した電子版アプリの「税務インデックス」の使い勝手の報告です。結論は、iPadを携帯する税理士には大変便利で、買いです!!
アプリの価格としては少し高い気もするが、自炊の手間もなくなるので仕方ないかも知れない。しかし、それ以上に使い勝手が良いので、お薦めです。



私の場合、リファレンス系の書籍のPDFリーダーとしては、「i文庫HD」を使用してます。その理由は、紙の本のページをめくる疑似動作が、調べものをしてるという気持ちにさせてくれるからです。
写真上は、自炊したPDF版でページを探している画面。「i文庫HD」のスライダーを利用したページ数と元々の「本」のページ数が、数ページ異なってしまうので不便を感じていました。



写真上は、電子版アプリで、ページを探している画面。
画面上部分の「目次」をタッチすると税目が現れ、税目を選択すると当該税目の目次ページになり、調べたい項目にタッチするとそのページにジャンプします。また、本文中の参照ページは、リンクしています。
すなわち外出先で素早く調べると云う点では、自炊したPDF版とは比べ物になりません。



付箋にメモを記入することが可能で、「MY INDEX」と云うフォルダに保存され、後日でも簡単に呼び出せます。また、マーカー機能により下線を引くことも可能だし、用語による検索機能もあります。
更に設定で「効果音」を「有り」にすると、ページをめくる疑似音が鳴ります。
まさに「調べもの!」の雰囲気。



iPad用アプリを購入すると、iPhoneにも同じアプリがインストールされます。
画面が小さいので利用したことは、ありませんが機能は同じです。
掲載されている内容としては、先輩格の「税務ハンドブック」(コントロール社)の方が充実しているが、外出先で素早く調べるという使い方としては、これで充分というのが、私の感想です。是非ともお試しあれ‥‥。

2012/10/16 ky Blog Press
-- iPadから送信

改正された欠損金の繰越控除と事業税(なるほど税務・その他)

(Oct 04, 2012)

平成23年度の税制改正で、法人税の欠損金の繰越控除限度額が、繰越控除前の所得の80%に改正されました。
適用時期は、平成24年4月1日以降に開始する事業年度なので今の時点ではまだ実際に決算作業に取組んだ法人はありません。
また適用対象は、資本金1億超の普通法人か資本金5億円以上である法人の完全支配子会社なので、極めて限定されます。


先日、適用対象法人のお客様から質問が有りました。
「会社パソコンで法人税ソフトを使って来年度の税額の試算をしたのですが、法人税の計算上では、繰越欠損金は80%控除になりますが、事業税の計算では100%控除されているので、事業税の改正はないのですか?」


「事業税の課税標準は法人税の所得金額ですから、事業税も繰越欠損金の控除は、80%を限度とするはずです。パソコンの設定に何か問題があるのではないですか?」
と回答しました。


確認のために、事務所にて別の法人税ソフトで適用時期と資本金1億円超で設定し試算して見ました。ところが、計算はお客様の指摘と同じ結果に...。
「異なるソフトで同じ計算結果なので、事業税の条文等で再確認してお答えします。」
とお客様には連絡。


地方税法施行令第20条の3が該当条文なのですが、括弧書、読み替えのオンパレード規定で、専門家として恥ずかしいですが、一読して、いや何度か読んでも理解できない。法律は誰もが理解できるものでなくては、何の意味もない。毎度の事だが、この国の法律で税法ほど難解な法律は無いと痛感した。


仕方なくネットで調べる事に。
東京都主税局のホームページの「都税Q&A」で本件に該当する質疑を発見。
「事業税も法人税同様、欠損金繰越控除限度は、所得金額の80%になります。」
当初の私の回答で正解でした。


そこで、設定の不備なのか、プログラムのバグなのか、確認のために法人税ソフトのヘルプデスクに問い合わせ。回答は、何とも拍子抜けするものでした。
「ソフト提供時の5月末には、事業税の取扱が明確になってなく、6月以降に明らかになったので、10月に提供するソフトから対応してる。」とのこと。

そんな大事な経緯がありなら、ユーザーには事前に通知して欲しいものだ。

2012/10/04 ky. Blog Press
-- iPadから送信