YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
「月の満ち欠け」佐藤正午
キャベツ畑
散歩釣り第一号
日税連総会
ギブソンLG1最後の週末
ウィンブルドンの美女達(^^)
小指の思い出
被災支援と自助
散歩釣り>>>再チャレンジ
秋葉原夏の陣の後
軽井沢散歩釣
会務後のロールキャベツ(^^)
なるほど税務 山中会計事務所

2009年5月
<なるほど税務>

トップページ

> なるほど税務 INDEX > 2009年5月

固定資産税の納税通知書(なるほど税務・その他)

(May 21, 2009)

5月になると市役所から固定資産税の納税通知書が送付されてきます。固定資産税の課税は1月1日現在の所有者に対して課税されます。これは、登記の有無は無関係です。

未登記の物件について所有者が変更になった場合には、「家屋補充台帳登録名義人変更届」なる書類を提出しないと、旧所有者宛に納税通知は送付されてしまいます。

また登記してある土地、建物でも結構誤った所有者名で、固定資産税の納税通知書が送付されてしまうことがあります。

これは、よく「法務局の登記データは自動的に市役所に流れる。」と言われますが、実際には人的に手入力をしています。従って、処理件数が膨大なので当然誤謬が発生します。


本年は、相続登記済みの家屋が、亡くなった人の名前で送付されてきました。市役所に確認したところ、法務局で名義が変わってませんとの回答。そこで、謄本を取り寄せると名義はちゃんと変更済み。市役所の間違えと認めるも、謄本を取り寄せた費用の請求をしたら、そんな制度は無いの一点張り・・・。


数年前には、売却済みの土地、建物の固定資産税の納税通知書が都内の某区役所送付され、納税者は内容を確認せず納税してしまいました。事務所から区役所に指摘したら、納税者から預かった納付済みの領収書を郵送でなく、直接取りに来たいとのこと。
私が事務所に不在の時に取りにきたらしいのですが、職員の報告では二人で来たとのこと。都内から往復3時間以上かけて、大人二人で来るとは・・・。


どうも、役所の感覚は私には理解ができないことが多いです。

土地、建物の所有者が移動した年は、固定資産税の納税通知書は、よく見たほうがいいと思います。結構間違えありますから・・・・。

税効果会計とイメージ(所得・法人税)

(May 01, 2009)

4月下旬にもなると、3月決算の上場企業の財務諸表が公開されてきます。そにには「法人税等調整額」「繰延税金資産・負債」という科目名が見受けられます。税効果会計を採用した場合に用いられる科目です。

今から約10年ほど前、「会計ビッグバン」とも呼ばれる会計制度の国際化の流れのなかに、税効果会計も含まれていました。当時は税理士会の研修でも取り上げられ、税務関連の書籍にも税効果会計のものが多数出版され、また記事も多く掲載されました。平成11年8月には、国税庁より「税効果会計の適用と税務上の取り扱い」なる情報も公開されました。

もちろん現在でも税効果会計は生きています。しかし、適用が義務づけされているのは、いわゆる上場企業(細かい適用範囲はあります)です。私たち税理士が顧問の対象となる中小企業においては、「中小企業の会計に関する指針」にて税効果会計の適用は推奨されていても強制されていませんので、実務ではほとんど取り扱う事がないのが現状です。

当時は書籍を購入し研修も受けて一生懸命勉強したのに、全く使わなければすっかり忘れてしまった税理士がほとんどだと思います。

当事務所でも税効果会計を適用したのは、顧問先が店頭公開の準備の為、会計士から適用を強いられた事例と上場会社の完全子会社が親会社との連結決算の為に適用する事例の二つしかありません。

繰延税金資産は、極端な表現をすれば、「架空資産」「未実現資産」だと私は思います。会計と税務との取り扱いの差異により生じる税金を期間配分するものです。しかし、これは将来黒字決算になり納税が発生することが前提です。

今回の金融危機を発端とする急激な経済の悪化などの場合には、資産計上は慎重でなくてはなりません。「繰延税金資産回収可能性の判断基準」なるものが存在するのは知っていますが、果たして適正に判断出来るものなのかは、疑問があります。


税効果会計の目的は、既に述べたとおり税金の適正な期間配分ですが、資産計上により財務諸表の見栄えが良くなると考える向きもあります。

平成21年3月決算法人では、昨年秋からの急激な業績悪化で、予定納税の事業税の還付を申請する法人がかなりの数になるはずです。未収事業税の計上は、税効果会計では、「繰延税金負債」の計上になります。税効果という言葉とは裏腹に、財務諸表のイメージは良くないですねー・・・・。