YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
「月の満ち欠け」佐藤正午
キャベツ畑
散歩釣り第一号
日税連総会
ギブソンLG1最後の週末
ウィンブルドンの美女達(^^)
小指の思い出
被災支援と自助
散歩釣り>>>再チャレンジ
秋葉原夏の陣の後
軽井沢散歩釣
会務後のロールキャベツ(^^)
相続発生前に、葬儀費用にそなえて預金の引き出しをしても大丈夫だろうか?

相続

トップページ

> 相続発生前に、葬儀費用にそなえて預金の引き出しをしても大丈夫だろうか?

Q.相続発生前に、葬儀費用にそなえて預金の引き出しをしても大丈夫だろうか?

 死亡するとその人の預金口座は凍結され引き出しができなくなります。
従って、死亡日前に預金を引き出してしまう事がよくあります。窓口では本人確認が必要になるのであくまでATMでの話しになります。 
 その行為自体は問題はありませんが、相続財産から除外されることにはなりません。手持ち現金として相続財産の一部として申告対象になります。
 また、故人があまり銀行等の金融機関と親しい関係になければ、銀行等の金融機関は、瞬時に死亡を確認している訳ではないので、死亡後でも預金の引き出しができてしまう場合もあります。この場合は、死亡日の預金残高をもって相続財産として申告対象となります。 

相続のご相談・申告はこちらへどうぞ
山中会計事務所
東京都小平市美園町1-7-3
TEL 042-343-4334