YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

コロナ禍の酉の市
コロナ禍の会議
羽田国際ターミナルでのライブ
庭の木瓜の実
シニアテニス
お弁当造り...孫と一緒
気になる語と仕草
全国から集合型会議
リモート講義
ランチバックの忘れ物
心身成長した全米制覇!
特別な夏の思い出
夏野菜は受難、長雨→豪雨
「特別な夏」なのか?
時々日記 山中会計事務所

2020年8月
<時々日記>

トップページ

時々日記 INDEX

> 2020年8月

「特別な夏」なのか?(経済社会一般)

(Aug 11, 2020)

20200811220207-dairy.jpeg 今日は、税理士会の常務理事会でした。写真は、リモートで事務所から出席している様子。従前なら、猛暑の中汗だくになって1時間かけて代々木の会館に出向いていたが、新型コロナ禍なのでその必要もなく、会議の効率は別として身体はとても楽です。これは、東京都知事の言いう「特別」な夏?「特別」とは英語でスペシャル、よってスペシャルな夏なのか?「特別」は、どうしてもポジティブに使用する言葉ではないでしょうか。「特別な人」「特別な時」「特別な場所」いずれも、マイナスイメージには結びつかない。正確には、この夏は「何時もとは違う」と表現するのが正しいのだろう。英語で言うなら、アンユージュアルな夏、「特別」ではなく「特殊」な夏なのだ。「特殊」な夏であっても「特別」な夏になる人々が多くなれば、このコロナもいつの日か、ほろ苦い思い出として語られることになるのではないでしょうか。「特殊」な夏だけど、人生63回目の夏、感染拡大防止の中でも、ルール守って特別な夏になるように、前向きに過ごしたい。

札幌出張で感じる雇用不安(経済社会一般)

(Aug 04, 2020) 20200804074120-dairy.jpeg 写真は、8月2日日曜日の午後2時頃の浜松町から羽田空港行きのモノレールの車内です。ガラガラで1車両2人〜3人しか、乗客はいませんでした。本来なら夏休みかつオリンピックで、旅行客で、ごった返し状態だったでしょう。3ヶ月毎に札幌出張が定例なのですが、新型コロナ感染拡大は収束すると判断し、5月の予定を延期しました。判断は誤りで、6月、7月と返って拡大してしまった。Webによる監査を提案したが、是非来て欲しいとのこと。不要不急ではないので、税理士2人で向かいました。 20200804075606-dairy.jpeg 東京から離れ他県に行くのは、3月15日の尾瀬岩倉スキー以来です。色々な意味で、ちょっとドキドキでした。出張先では、ホテルでの接待を受けましたが、他は宿泊施設とお客様の会社に行っただけで、余分な行動は一切しなかった。 帰りの新千歳空港ロビーの様子も、ご覧の通り閑散としてます。 ANAの4月-6月四半期決算の赤字が1000億円と発表されても実感が無かったが、空港に行ってみると恐ろしほど落ちこみを肌身で感じた。便数の少なさ、スタッフの少なさ、閉鎖している店舗の多さを鑑みると、この先の雇用が心配です。