YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
「月の満ち欠け」佐藤正午
キャベツ畑
散歩釣り第一号
日税連総会
ギブソンLG1最後の週末
ウィンブルドンの美女達(^^)
小指の思い出
被災支援と自助
散歩釣り>>>再チャレンジ
秋葉原夏の陣の後
軽井沢散歩釣
会務後のロールキャベツ(^^)
時々日記 山中会計事務所

2012年11月
<時々日記>

トップページ

時々日記 INDEX

> 2012年11月

日経朝刊にびっくり>>>「うえこ」じゃーん!(経済社会一般)

(Nov 28, 2012)






本日の日経新聞朝刊の2面。
社説の隣に、いつも興味深く読んでる「真相深層」。
「レジャー堅調の理由?東京ディズニーランドのオリエンタルランド社長に聞く」
うん!?「上西京一郎」知てる名前。そして見覚えのある顔。
落合第一小学校の同級生の、「うえこ」こと上西君では、ないですか。
偉くなりました。
今でも年賀状交換をしてますが、この2年間は喪中で情報交換なし。
4年前の51歳の若さで社長就任とのこと、何も言ってなかったな〜。
大学も同じ中央大学でした。昭和55年に就職先について彼が私に言ったことを今でも覚えてます。
「まだ、土地しか持っていない会社で、将来どうなるか不安だけど、夢がありそうなので賭けてみる。」
生え抜きの社員からの大成功。友達としてとても嬉しい限り。
これからも、沢山の人々に夢を与える続けるテーマパークを期待してます。
2012/11/28 ky. BlogPress
-- iPadから送信

スキルアップ講座>>>>改正国税通則法(税金)

(Nov 25, 2012)




今週の土曜日も、青山学院大学でスキルアップ講座を受講して来ました。
キャンパスの銀杏は鮮やかな黄色に染まり、都会で冬到来まえの晩秋を楽しませてくれました。



本日のランチは、渋谷駅界隈の「とんかつ」ではなく、学生食堂を利用してみました。補佐人講座を受講した時に利用した明治大学の学生食堂以来。あいにく連休谷間の土曜日なので、限られたメニューだけしかチョイス出来ませんでした。



注文したのは、「一日分の野菜定食」400円。
確かに野菜たっぷり、少しカレー風味で鳥のソボロ肉が入っています。大学時代の学食の味と言うより、小学校の給食の味を思い出しまた。

さてさて、ランチがメインで青山学院大学に通っていると思われそうですが、しっかりお勉強してます。本日の「国税通則法/税務調査」は、急遽決まったテーマですが、今回講義を担当してくださった、三木教授、峰崎議員、志賀弁護士、青木さんの顔ぶれを鑑みれば、1番取り上げて欲しいテーマと言えるでしょう。

現在、支部レベルでは「改正国税通則法/税務調査」についての研修は行われていません。東京税理士会では、理事と支部長向けの研修が、国税局から講師を招いて行われました。しかし、通達、運営指針、Q&Aそしてパンフレットの単なる説明に過ぎず、質問も受け付けない物で、一方通行の感が否めません。

今回は、実際に改正に携わった4名の体験談、そして税理士を交えて討議を4時間も行えた事は、大変有意義かつ実務にも役立ちと思いました。改正に至るまでの裏話も興味深いものでした。やっぱり、財務省官僚は、したたか者であることを再認識しました。コロコロ入れ替わる大臣では、到底太刀打ち出来ないだろうなー。

2012/11/25 ky. BlogPress
-- iPadから送信

青学スキルアップ講座>>>とんかつランチ(税金)

(Nov 17, 2012)




土曜日の午後、東京税理士会の寄付講座「税理士スキルアップ大学院講座」を、青山学院大学にて、先月から受講しています。短期間ですが、大学院生と一緒に、税の法律講座の勉強をしています。仕事が無い土曜日は、趣味のテニス、ギター、料理に時間を費やしてしまうことが多いので、自分自身を半強制的に勉強の環境に置くことは、怠け者の私には大切なことです。

特にこの講座は、今回の国税通則法の改正に深く携わった、三木義一(青山学院大学法学部教授)と峰岸直樹(元財務副大臣)が、教員を担当して頂いておりとても興味深いものになっています。本日は、消費税の原理論でした。活発な意見が飛び交い4時間半は、あっという間でした。次回は、国税通則法がテーマ。昨日、国会解散となったので、国税通則法改正の裏話が明らかになるそうです。楽しみ......。



そして、もう一つの楽しみは、講義前の渋谷でのランチ。渋谷に行く機会は殆どありませんが、桜丘町や代官山は大学時代に仕出し弁当の配達をしていたので、今でも多少の地理感が有ります。定食屋さんを巡ってます。
写真上は、「かいどう」のとんかつ定食(780円)。肉の厚みはありませんが、味と値段から言えば、及第点です。



写真上は、「さくら亭」のとんかつ定食(650円)。安い!
前金制で、おばさんが昔のバスの車掌さんのように、ポーチで集金してました。
銀のプレートと給食で提供された様なマヨネーズと辛子のチープ感が好きです。
肉体を口に運ぶ前に、衣が剥がれてしまうのは、卵の量が少なくてパン粉が肉に馴染んでいないからなのかなー?



35年振りに、この界隈をブラブラして驚いたのは、ギターショップの数が多いことです。とんかつ食べて、食後にブラブラギターを見て回るのも楽しい。そう言えば、7年前明治大学で保佐人講座に1年間通った頃も、講義の前後は楽器店巡りをしてたなー。ギブソンのLG-1は、その頃購入したことを思い出した。

2012/11/17 ky BlogPress
-- iPadから送信

ロボジーとSTYX(経済社会一般)

(Nov 12, 2012)





忙しいので、気になる映画も劇場ロードショーを見逃してしまうことが、結構有ります。特に、チープな作品は上映期間が短いので、映画館に足を運ぼうと思った時には既に終ってることが頻繁に有ります。
公開時期が、繁忙期に重なり今年観のがしたのは、「ロボジー」でした。
たまたま、本日ギターレッスンが中止となり、TVのBSにて「ロボジー」を観ることができました。
映画の内容は、さて置き。80年代のミュージックビデオを、体験した世代としては、映画エンディングで流れた「Mr.Roboto」が、超懐かしい。



五十嵐信次郎とシルバー人材センターが、カバー。
1983年、STIXで有名なナンバー。個人的にはアルバムは購入してないが、当時「ベストヒットUSA」で、何度も聴いたものです。
この曲は、80年代当時の我が国「JAPAN」の立ち位置が、素晴らしかったことをミュージックシーンでも物語っていると思う。
全米ナンバーワンの楽曲、イントロだけでなくサビでも「どうもありがとう」と言う日本語を連呼。更に歌詞には「With parts made in Japan」と、日本製が最先端の証。
音楽は懐かしく楽しめたが、今現在の世界における日本の立ち位置に、寂しさを感じてしまいました......(~_~;)。

By ky Blog Press
-- iPadから送信」

フットサル用品の価格(経済社会一般)

(Nov 06, 2012)




今週月曜日のフットサルW杯の新聞記事。
初戦敗戦したが、2試合目を引分け準々決勝進出に望みをつないだ。
三浦知良選手も出場し、フットサルも最近何かと注目。
今回、東京税理士会も有志によりフットサル大会を11月15日に開催する事になりました。当支部チームのメンバーの数合わせのため、未経験者ですが私も登録しました。



取り敢えずシューズと脛当てだけ準備して、それ以外はテニス用品を使用すればと思ってましたが、大人買い!?
イヤイヤ、サッカー・フットサル用品の値段の安さにびくり。
パンツ、ストッキング、ウェアーも含め約1万円。



1番高いのが、シューズでしたが、テニスシューズの半分以下の値段でした。
競技者の年齢が、テニスより低いので、若者向の価格設定になっているのかなぁ~。
錦織圭の活躍で、若者のテニス人口が増えてくれれば、テニス用品の価格も下がるかも......。

2012/11/06 ky Blog Press
-- iPadから送信