YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

出張会議「事業承継」
シーズンインしました(^^)
正に、ブレイク!
至福の打球感
旅行の思い出の品?
断捨離スキー板
仙台観光
砂上
夜便の出張(・・;)
「豊岡鞄」というブランド?
またまた、土日雨☔️
いきなりスキーシーズン⁈
「のどぬーる ぬれマスク」まとめ買い
会務漬け(・・;)
時々日記 山中会計事務所

2011年6月
<時々日記>

トップページ

時々日記 INDEX

> 2011年6月

労働保険の申告と金融機関の窓口(税金)

(Jun 30, 2011)
IMGP3316.jpg

 写真の緑の封筒。
 
 経理に携わる者なら、この時期のこの色の封筒はすぐに判りでしょう。

「労働保険の申告書及び納付書」です。


 労働保険料は、4月から3月までの1年間の賃金をもとに算出されます。以前は、申告期限が「保険年度の初日から50日以内」ということで、5月20日でした。


現在は、「保険年度の6月1日から40日以内」ということなので7月10日(今年はその日が日曜なので7月11日)です。

IMGP3317.jpg

 用紙の上部が申告書で下部が納付書になっています。


 平成22年度分(H22年4月1~H23年3月31日)は、一年前に概算で納付して、今の時期に一年度分の賃金を元に確定保険料計算して概算払いと精算します。

そして、平成23年度分の概算払いと一緒に納付します。

申告書なのですが、提出窓口が金融機関という良く考えると変な書類です。

 これが労働保険の申告・納付の流れです。
 


IMGP3318.jpg 

プレプリントしてあるのは、保険料率と概算払保険料です。

もう何十年も労働保険の申告書を事務所にて作成しているお客様で、今回こんな事故が起ってしまいました。

 お客様が間違って労働保険の申告書・納付書を事務所を経由しないで直接窓口に持参。概算保険料の金額を納付させられ、保険料の算定をしていない申告書が受理されてしまったのです。


 お客様の手元にある事業主控えの申告書には、算定の各欄は空欄のまま、収受印が押されてありました。メガバンクの窓口のレベルもこの程度かと呆れてしまいます。


 この事故の後始末は、事務所が行う事に。事務所から労働局に連絡を取り、修正申告書を提出する事になりました。今現在、金融機関からは何の謝罪もないそうです・・・。

 しかし、よくよく考えると申告書の提出窓口が労働局等の役所でなく金融機関だからこんな間違えが起こるのではないだろうか。

 金融機関は申告書収受の代行手数料を国から貰っているのかな~??


2011/06/30 ky

血染めのシャツ(時々日記・その他)

(Jun 25, 2011)
IMGP3290.jpg

在宅勤務の木曜日、事務所で一人で仕事をしていて、紙の裁断で勢い良く親指の指先を切ってしまった・・・・。

 かなりの出血だったので外科に掛け込んだ。

 幸い縫うほどの深い傷ではなかったので、化膿止めの薬を貰って仕事に戻った。

 夕方から会合で沢山に人に会わなくてはならないが、気がつくとシャツが血染めになっている。

 自宅に戻る時間もないので、いつも利用する国分寺にあるシャツ専門店に行くことに。

 

変換 ? IMGP3287.jpg

 ちょうど夏物の半袖シャツが何枚か必要だったので、まとめて数枚買いました。

 血で汚れてしまったシャツと一緒に宅配便で郵送してもらうことに。

  とても暑い日だったので血染めのシャツは汗で濡れていたので、更衣室で小さくたたんで女子店員に手渡しました。

 変換 ? IMGP3285.jpg                                                             

 新品のシャツと一緒に送られてきた、血染めのシャツ。

 ちゃんとボタンを掛けてたたみ直しして袋に入れて送ってくれました。

 バッチイシャツを丁寧に扱ってくれて申し訳ない気持ちでいっぱい。

 商売には、このような心遣いが、大切なんだよな・・・、そのお店にリピートしたくなるから。

2011/06/25 KY                    

二千円札でご褒美・・・チョット役不足?(会務)

(Jun 21, 2011)

 東京税理士会の総会が6月20日に終わりました。ほとんどの支部の総会も終了し、48支部の48人の支部長のうち3分の2が、退任するそうです。私もそのうちの一人。


 

IMGP3231.jpg

 2年前の支部長就任以来、収集している「もの」があります。それは、二千円札です。

 支部長として本会等の会議に出席すると交通費として2000円が支給されます。封筒の中には、千円札二枚でなく必ず二千円札が一枚入っています。

 会議後の支部長連中との飲食店では、精算時に真っ先にこの二千円札が使われます。誰もが財布に残して置きたくないのです。

IMGP3230.jpg

 しかし、私は2年間使わずに貯めていました。それは、支部長としてプライベイトの時間を随分消費したので、退任する時に自分自身へのご褒美として何か形のあるものを購入しようと考えたからです。


 36枚、72000円で買えるもの・・・、欲しいギターを買うには全然足りない。

 時間をかけて買えるものを考えたい。

 二千円札は九州・沖縄サミットと西暦2000年を記念して11年前の7月19日に発行されました。2000年に7億7千万枚と2003年に1億7千万枚の合計8億8千万枚を発行。

 流通量を差し引いた7億7千万枚の多くは日銀に在庫として眠っているのだそうです。


 日銀在庫ではありませんが、私の36枚も確かに流通していない・・・。


2011/06/21 ky


ゴーヤ緑のカーテン#4(ベランダ手摺越えと肥料)(時々日記・その他)

(Jun 16, 2011)

IMGP3242.jpg

 

 事務所に一日居る時に、ベランダのゴーヤの日照時間を

計ってみたら、わずか1時間でした。

 にもかかわらず、頑張って成長し高さ1m30の手摺を越えました(パチパチ拍手)!!

 今後、どのタイミングで親芽の先端を摘芯するのかが難しいところです。

IMGP3243.jpg 

 手摺越えをすると、コンクリートで遮られていた日光が、1時間より長くあたるので期待できます。

 手摺超えをした葉は、明らかに大きい。

 そして、元気です。

IMGP3244.jpg

  

 コンクリート壁の陰ながら、頑張って実をつけるゴーヤ。

 小指くらいの大きさ。

                                                           IMGP3166.jpg

事務所ベランダゴーヤに追肥として与えた最初の肥料。

成分量は、チッソ6/リンサン9/カリ6。 

前回アップしたように、土が「ヘナー」と成ってしまったので液肥に変更。


 

IMGP3167.jpg

  水に500倍に薄めて使うタイプ。

 

 成分量は、チッソ5/リンサン5/カリ5。

 1週間に1回、水やりのジョウロに薄めて与えます。

 2回与えたけど、確かに液体肥料のほうが速攻性があって、成長が早い気がします。

IMGP3168.jpg さらに、様子を見て、葉を茂らせる最後の手段として尿素も準備済み。

 ゴーヤの実を作るのが目的ではないので・・・・。


2011/06/16 ky


ブナ、春蝉そして・・・南林間(経済社会一般)

(Jun 14, 2011)

IMGP3185.jpg

                                 先週末は、沼田市の玉原高原にハイキングに出かけました。

ブナ林と熊笹の中から鹿俣山さらに湿原へと、歩行時間約4時間のコース。 

IMGP3183.jpg

 途中に何本も見た、立ち枯れのブナの木。

 自宅に戻って調べて判ったのですが、ブナは成長するに従い、根から毒素を出すので、一定の範囲に一番元気なブナだけが残り、他のブナは衰弱して枯れてしまうのだそうです。

 自然界の生き残りのための摂理なのです。

 ブナ林の中は、うるさいほど虫が鳴いていました。 

 

 それは、写真下の「春蝉」。

 本当に大音量(たぶん固体数が膨大)でうるさくて、耳が慣れるまで一苦労。

 写真下左が抜け殻、右がたまたま葉っぱに居た成虫。

 ある程度の規模の林にしか生息せず、林から外に出ることがなく市街地では、遭遇しないそうで  

 す。

 IMGP3182.jpg

変換 ? IMGP3180.jpg
IMGP3187.jpg

 玉原高原のスキー場ゲレンデから見た谷川岳。

 震災以来、初めて自然を楽しみました。

 生物や植物は、震災・原発事故など関係なく、ただ黙々と自らの生き方を貫くだけで、羨ましい・・・。

IMGP3202.jpg

  週末明けの月曜日は、相続税の打ち合わせで3ヶ月ぶりの、「南林間」へ。

 私にとっては、3.11を体験した地。

 ちょっと、心がドキドキ、正常心でなくなってしまった。

IMGP3204.jpg

  仕事終了後、3.11の当日お世話になった居酒屋「大倉山」さんに立ち寄る。

 隣りの白いビルが、泊まりそこねたビジネスホテル。もちろん、今日は泊まる必要もないが。

IMGP3207.jpg

おじさんが座っているカウンターの席で、

あの日は、テレビで情報収集しました。

まだ、被害の全容など知る道理もなく、ただ不安だった一夜を思い出します。

そして、あの日以前に戻れればなどと考えてしまう。

2011/06/14 ky

年末年始「奮闘記」後のiPad・・・必需品に(経済社会一般)

(Jun 09, 2011)
step1-ipad-prodselect-hero[1].jpg

「時々日記」と「お知らせ」に、iPadから同じ内容のブログがアップされ申し訳ございませんでした。

年末年始の「奮闘記」以来、iPadを様々に使いこなそうと、いじくり回しています。

IMGP3157.jpg

 写真左が、今回使用した「BlogPress」というAPP。

 画像とともに書き込みは成功しましたが、今のところ削除の方法がわからないので、重複アップのままになってます・・・・。

 

 今までブログのテキストは、写真下のキングジムの「ポメラ」を使用してきました。

 テキスト入力専用の電子メモです。

 コンパクトで、キーボードを開くと右下の写真の状態になり、ピッチもしっかりして入力しやすいです。

 

IMGP3164.jpg
IMGP3165.jpg

 しかし、今年からカバンの中にはこのポメラと一緒に常にiPadとデジカメが入っていて、重くて仕方ない・・・・。荷物減らしの実験中なのです。

IMGP3153.jpg

 iPadをいじっていると、興味のある人は、

「何に」使っているのかと聞いてきます。

答え方は色々あるのでしょうが、最近は自分専用のツールにしてますと答えます。

それだけ融通性があるのです。

 写真上は、私の現在のiPad外見。

 画面を指やタッチペンでいじるので、汚れ落としの布は必需品。

 私の場合は、美術館に行くと必ず記念の品にと収集しているメガネ拭きを代用してます。

 具体的な利用としては、

 ・事務所と自宅のメール確認・・・自宅ではパソコンを開かなくなった。

 ・ネット検索・・・ネット通販はもちろん、先日は札幌の出張先で航空券の予約もした。

 ・スケジュール管理・・・日にちが記されたメールだと、その日にちをタップするだけでスケジュール   

               に転記されるので重宝する。

 ・電卓計算・・・画面が大きくて年寄り向き?タッチした時に音が出る設定にしておくと押し間違えが   

          なくなり職業会計人の実務で充分使える。

 ・音楽を聴く・・・iTunesから購入して聴くのはもちろんですが、古い車の中ではFMトランスミッター

          を使ってカーオーディオとしても利用してます。

  毎日の生活の中のあらゆる場面で使用していて、ちょっと手放せないツールになってます。

  

  以下のAPPは、ギター好きな税理士が個人的にお勧めのものです

  

IMGP3156.jpg

 手書きのメモ帳です。

 左下の写真のように、テーマごとに何冊もノートを準備できます。

 私の場合は、「支部長会」「会合」「スキー」

「ギター」など・・・・

 右下の写真は、税務調査立会いで実際に使用した時のメモ。

 赤や青のほか全部で12色の色が使い分けられます。

 絵が上手な人は、絵を描いても楽しいかもしれない。

 メールに添付しPDFとして保存したり、「Evernote」を利用してクラウドに保存することも可能です。

IMGP3154.jpg
IMGP3155.jpg

IMGP3160.jpg

写真左は、最近購入して電子書籍のフォルダに入っている税務六法。

条文番号の検索や語句の検索が可能です。

iPhone用なので、2倍に表示して使用。

350円なので、仕方ない。

IMGP3158.jpg

 6月から、朝日新聞を電子で購読してます。

 今は、まだ二ヶ月の無料期間中ですが、

 ペーパー宅配と一緒だとたった1000円。

 なによりも、スクラップブックが楽しい。

 興味のある記事を集めるのにとても便利。

 日経新聞もデジタル版があるそうだが、iPad専用APPが無いらしい。

 

 

IMGP3163.jpg

 ギターの写真を拡大して表示しているのではありません。

「Six Strings」というAPP。無料版もありますが、こちらは楽器が選べるのがすごい。

アコギ、エレキ、ウクレレ、マンドリン、バンジョー

ドラム、スチールドラム。

 画面上のコード名を選択してかき鳴らすと、その和音が出ます!!

 もちろん、弦一本一本の単音弾きも可能です。 

 iPadを使った手品をYouTubeに流して、世界的に話題をよんだマジシャンが存在するように、

 iPadを楽器として巧みに操るミュージシャンも登場するのでは・・・・。

move_keyboard_20110302[1].jpg

 そんな訳で、仕事に趣味に手放せないiPad。

 少し軽量化ということで、購入を考えているiPad2。

 様々なカラーのカバーは魅力的だけど、せっかくの軽量化が無意味かも・・・。

2011/06/08 ky

簡易裁判所と浮世離れな定食・・・(会務)

(Jun 04, 2011)
変換 ? IMGP3102.jpg

東京税理士会の会費滞納の法的措置にともない、東京簡易裁判所に行って来ました。

 406号法廷でしたが、当事者(当支部会員)は、

予想どおり姿を見せませんでした。

 7月5日に確定判決をもらうことになりました。

 5年前に、明治大学にて訴訟手続法を勉強していた時に、弁護士であった講師に勧められ、東京地方裁判所の法廷を見学したことがあります。

 「下手なテレビドラマを見るより、面白い。」との言葉どおり、真剣に争っている当事者には失礼でしたが、楽しい時間を過ごした事を思い出しました。

 

 地方裁判所と異なり簡易裁判所は、406号法廷だけで様々な事件を処理するので、狭い法廷内の限られた傍聴席は、満席でした。次から次へと原告・被告が読みあげられ、入廷していきます。

 事件のひとつに、原告と被告のやり取りから推測して、タクシー会社と損保会社との損害賠償の訴訟の弁論が行われていました。

 損保会社が提出した証拠書類の一つに「車両の使用可能期間3年」は、何を根拠にしているのかと裁判官が尋ねるが、保険会社側は首を傾げるばかり・・・・・。

 なんだか、「本ちゃんの裁判なの?」と感じしまうほど、準備不足としいうか、脇が甘いというか・・・。

 それって、税法の耐用年数表

 「車両→運送事業用→自動車(乗合自動車を除く)→小型車(2リットル以下)」 だろうが!!

まあ、そんなゆるーい感じが、簡易裁判なのかも知れない・・・。

IMGP3099.jpg

 朝食を取らずに家を出たので、東京簡易裁判所の地下1階の食堂で、「朝クイック定食」なるものを注文。

 うーん、今どきこの内容で350円とは、なんとも浮世離れ・・・・。

photo[2].jpg

 

 個人的によく朝食で食べる、某牛丼チェーンの

朝定食。

 「ソーセージエッグ定食」390円。

たった、40円の差で、この充実度の違い。

 そうでした! !簡易裁判所は、永田町の隣り駅でした。

 隣り駅同様、世間の一般の人の感覚が通用しない地域でした。

2011/06/04 ky

夏季の節電対策・・・・働き方を考え直してみる(経済社会一般)

(Jun 02, 2011)
IMGP3098.jpg

6月1日の日経新聞一面は、「勤務体系見直し」がトップ記事でした。


 原発事故に伴う今夏の政府の節電要請をうけた企業が実施する様々な施策が紹介されていました。

週休3日、サマータイム、輪番休業、休日延長、シフト勤務そして在宅勤務。


 

事務所もHP「お知らせ」にアップしたとおり、6月から9月までの間、複合施策で平日の節電に協力します。


 1)まずは、始業を30分早くし8時30分からとします。震災直後の計画停電で振り回されて以後、

私 も含め職員も8時には事務所に出勤するようになっています。


  私の目覚まし時計のセットが5時30分となり、以前よりちょうど一時間早く朝がスタートしています。

サマータイムを実施しているのと同じに。自然と就寝時刻も早くなった。


 2)次に、土曜日を出勤し月曜日を休業日としました。職員からは、病院や金融機関に行かれるし

  旅行等の行楽も混雑なくしかも安価で可能だと好評です。


  個人的には、美術館をゆっくり回ったり、短期間で習得できる教室に通ってみたいと思ってます。 

  料理教室に興味があるんだが・・・。


 3)そして最後に、木曜日は在宅勤務を試行します。

本来は自宅クライアントによる遠隔操作が可能なシステムを導入するのでしょうが、まずはお金を

かけないでトライしてみます。


  各職員にノートパソコンとUSBメモリーを準備しました。

  木曜日に自宅で作業をしてもらい、金曜日に事務所にて報告とともにデータを吸い上げる予定。


  事務所には必ず税理士が待機し、職員との連絡はいつでも可能にしておきます。

  支障がなければ秋以降も継続し、将来的には資本投下してシステム導入も考えたい。


  今回の震災を機に、働きすぎの日本人の働き方を少し見直す必要もあるのだと思う。

  さらには、生活の仕方も・・・。


  2011/06/02 ky