YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

いきなりスキーシーズン⁈
「のどぬーる ぬれマスク」まとめ買い
会務漬け(・・;)
Windowsアップデイトでブレイク
深刻(・・;)>>>墓離れ
鳥肌のたつ朝(・・;)
1人快気祝い(・・;)
おもてなし>>東日本ブロック会議
全米オープンテニス観戦>>美人主審
盲導犬訓練センター視察
東京観光の下見旅
異常気象の夏
1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
時々日記 山中会計事務所

2010年10月
<時々日記>

トップページ

時々日記 INDEX

> 2010年10月

西武新宿線中井駅の開かずの踏み切り(経済社会一般)

(Oct 28, 2010)
IMGP1918.jpg

 雨の朝の通勤では、西武新宿線を踏み切りで渡るか、迂回して高架で渡るかの選択に悩むことがあります。

 本日の冷たい雨の朝、踏み切りを選択して大失敗でした。

 写真のような、傘の大渋滞。高速同様に一度はまると、前進も後進もできません。

 

IMGP1920.jpg

 今朝は、私が踏み切り手前の道に到着してから、遮断機が上がるまで40分でした。勿論遅刻。

 毎度のことだけど堪りかねて遮断機の間を抜けて線路を横断する人々が・・・。

 この時間はゴミ収集車もこの渋滞にはまる為、異臭が・・・・。この臭いを避けて移動するとそこは、とんかつの「サボテン」の店先で、シャッターは下りているものの、油の異臭が・・・。

写真(下)高架の迂回コースを選択していれば、本日の行動予定は変更せずに済んだのに・・・(涙)

IMGP1923.jpg

IMGP1921.jpg

 日本の首都圏には、結構な数の開かずの踏み切りが存在するようです。

 国土交通省による開かずの踏み切りの定義は、「ピーク時の遮断時間が1時間あたり30分以上となる踏み切り」だそうです。

  40分間連続して開かないこの踏み切りも半端者ではありません。 

 平成22年新宿区議の第22回定例会では、「西武新宿線高田馬場と中井区間の開かずの踏み切りの解消を求める意見書」なるものが提出されています。

 電車を地下に潜らすのは、莫大な資金が必要。しかし、現在の山手通り拡幅工事により中居駅北口側に、改札口ができる様子の建て看板があるので、そちらが解決の近道になりそう。

 IMGP1924.jpg

 遅延証明書は10分の運行遅延となっているが、踏切が40分も開かなくて電車に乗れなかったことの証明はされていない・・・・・。

  2010/10/28 ky

メルシャンからの流れ キリン「本搾り」(時々日記・その他)

(Oct 21, 2010)

 7月から炭水化物ダイエットを始めたので、今年は酷暑にもかかわらず、自宅では醸造酒である缶ビールは一切飲みませんでした。

本搾り_b[1].jpg

 しかし、連日の猛暑だったのでどうしても炭酸系の冷たい蒸留酒を飲みたい。そこで自宅では、缶酎ハイを飲んでいました。そんな中マイブームは、キリンの「本搾り」グレープフルーツ。今では自宅に常に在庫が有る状態です。

 果汁率が27%なので、他の缶酎ハイより圧倒的に高い。そのうえ、糖類、香料、着色料すべて無添加です。ウォッカと果実だけで作った、酎ハイなのです。

 私の記憶では、数年前にも果汁率が高い緑色の缶酎ハイが存在し、やはり美味しくてその商品ばかり飲んでいた時期がありました。いつの間にか店先から消えてしまいましたが・・・。

メルシャン20004[1].jpg  今回調べてみると、2006年11月にキリンとメルシャンは資本・業務提携。

 2003年からメルシャンが製造していた「本搾りチュウハイ」の販売を2007年7月にキリンが継承し、2008年4月からパッケージと中身を一新して販売しているのだそうです。

写真左は、メルシャンのもの。記憶ではこの前のデザインの缶が存在していたと思います。

IMGP1850.jpg 当時はまっていたものと今のマイブームは、同じものだったのかぁ。やはり味の好みはそう簡単には変わらない・・・・。

 ホームページのブログ等を観ると判りますが、「本搾り」のファンは結構存在するようです。

 他社の缶チュウハイに比べると若干価格は高めですが、この美味しさにには変えられない。(他社製品110円に対し「本搾り128円)

 

 

IMGP1815.jpg

先日、尾瀬沼を歩いたとき沼尾休憩所に「キリン本搾り」が冷えていた。

さすがに酔っぱらってはのトレッキングは危険なので飲のは差し控えましが・・・


2010/10/21 KY

マッサージの資格と法律の不備(経済社会一般)

(Oct 15, 2010)

 化粧品を販売する当事務所のお客様で、エステの延長でマッサージを提供したらどうかという提案がありました。


 巷には、癒し系の「クイックマッサージ」「スポーツマッサージ」「アロママッサージ」「足ツボマッサージ」・・・・と様々なマッサージが存在します。

 
 果たしてこれは、無資格営業でかまわないのかな?
当事務所のお客様で、カイロプラクティックを開業している先生にお話を伺いました。


 カイロプラクティックは、欧米諸国では医師と同じ扱いなのですが、日本では民間資格であって国家資格でないので、マッサージとか治療は本来禁句なのだそうです。従って「ほぐし」とか「筋緩和操作」などの語句で苦心しているとのこと。しかし現実には、癒し系の店舗では、平気でマッサージという言葉を使っていますが・・・。

 また疾患名を言うことも禁句だそうです。疾患名を断定できるのは医師に限られるからです。


 
 調べてみると、「あん魔マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」(昭和22年制定)に国家資格がなければマッサージを業として行うことは出来ないと定められています。しかし、この法律にはマッサージの定義は名文化されていないのです。


 厚生労働省のマッサージの定義の見解は、「体重をかけ、対象者が痛みを感じる強さで行う行為」としているそうです。如何にも役所的で、なんの解決にもならない・・・。


 定義が法文化されておらず、患者に害のある行為だと立証出来ない限り法的には禁止できないという最高裁の判断もあり、無資格者のマッサージが野放し状態になっているのが現状のようです。

 
 社団法人全日本鍼灸マッサージ師会のホームページでは、「法的整備が整っていないことを逆手に取った脱法行為」と無資格マッサージに警鐘を促しています。しかし、これだけ沢山の癒し系産業が既成事実として存在していると、取り締まりは不可能でしょう。 


 
 我々の業務も税理士法により資格取得者以外は、税理士業務を行ってはならないことになっています。「税務代理」「税務書類の作成」そして「税務相談」が税理士業務です。しかし現実には、「税務代理」以外は、金融機関や民間会社等の無資格者が行っても取り締まるのは難しいといのうが現状です。


2010/10/15 KY
 
 

 

手動充電式エコLEDライト (経済社会一般)

(Oct 07, 2010)

今回の尾瀬行きで、早朝4時半スタートのため、ヘッドライトか懐中電灯の準備をして下さいとのこと。


 
 アマゾンにて「ヘッドランプ」を検索するとあまりの数の多さで選びきれない。また、あまり本格的に山登りにのめり込つもりは無いし、更にヘッドランプを山以外で利用する機会は自分の日常生活では考えつかないし・・・。


 そんな訳で、結局新宿のビクトリアにて現物を確認して購入する事に決めました。


 

IMGP1822.jpg

                                                           お店にて発見したのが、

「Bun Bun eco Light」。


手動充電式LEDライト。ライト部分を手に持ち、折れた状態で握る箇所を上にぐるぐる振り回すことによって、内臓されたリチウム電池が充電される仕組み。

IMGP1821.jpg30秒の充電で5分間点灯。

チマチマ、ぐるぐるレバーを回すのではなく、振り回して充電されるというワイルドな点が気に入った。


 今回は悪天候で燧ヶ岳に登らなかったので使用はしなかった。しかし、災害の非常時にも便利。

       

IMGP1825.jpgそういえば、自宅にも手動充電式のライト兼ラジオも有りました。

中学校の授業で製作したらしい。

なかなか使用する機会がないけど、いざと言う時、電池切れの心配がないのは、心強い!!

www.landport.co.jp←ブンブンエコライトはこちら。2,100 円です。


2010/10/07 ky