YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

会務漬け(・・;)
Windowsアップデイトでブレイク
深刻(・・;)>>>墓離れ
鳥肌のたつ朝(・・;)
1人快気祝い(・・;)
おもてなし>>東日本ブロック会議
全米オープンテニス観戦>>美人主審
盲導犬訓練センター視察
東京観光の下見旅
異常気象の夏
1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
「月の満ち欠け」佐藤正午
キャベツ畑
時々日記 山中会計事務所

2010年8月
<時々日記>

トップページ

時々日記 INDEX

> 2010年8月

ボス猿の生き方(経済社会一般)

(Aug 27, 2010)

 

ニホンザル[1].jpg
 高崎山自然動物園は、野生のニホンザルを餌付けして、檻の中ではなく、自然の状態で飼育していることで有名です。
 山には1200匹のサルが生息し、3つのグループごとに群れて行動しているそうです。そして
グループにはそれぞれボス猿が居ます。
写真は、かつてボスであった、ゴルゴというボス猿です。
サルの群れでは、一度ボス猿の地位を失うと再びボスの地位に戻ることはなく、群れから離れて自然に姿を消し、山の中で亡くなるのだそうです。
IMGP1698.jpg
 6月2日の税務の研修のときに、立川駅で昼間配られた号外。生まれて初めて手にした号外なので捨てずにいました。
 
 これで、少しは民主党も保守政権として「政治と金」から距離を置いたまともな政党になると期待したのに・・・。
 3ヶ月も経過しないうちに、鳩山さんはマスコミにしゃしゃり出るし。まだ、起訴の可能性がある小沢さんが表に出で来るとは・・・・・。
 普通人の感覚とは、まったく乖離していると感じるのは私だけだろうか。
 ニホンサルの群れのしきたり、ボス猿の生き方を、学んだほうがいいのではないか。
 ボス猿ゴルゴの名は、漫画「ゴルゴ13」に由来すねそうです。小沢さん似ているのに・・・・。
 また、風見鳥のような鳩山さんは、目がぎょろっとして小猿に似ているのに・・・。
2010/08/27 ky

40年物のホッチキスの引退・・・(時々日記・その他)

(Aug 18, 2010)

事務所にて使用する文具には、結構長い期間使用している物があります。

IMGP1662.jpg

20歳の時、アメリカで購入した鉛筆削り。

現在は、赤の色鉛筆を削る時しか使用していない・・・・。

IMGP1663.jpg

 就職してすぐに購入した太陽電池の電卓。

 しかも、今では希少な「Maid In Japan」。

 現在もシステム手帳に入れていつも持ち歩いている。

 
 

                                                            IMGP1658.jpg

 

 しかしなんと言っても一番の年期物は、この青いホッチキスです。なんと40年ものです!!

 どのようにして入手したかを、今でも鮮明に覚えている。中学一年生の冬休みに、従兄弟十数人が集まるクリスマス会がありました。そのクリスマス会においてプレゼント交換をするので一人ひとつ、数百円程度の品物を持参。そして交換され私の手元に巡ってきたのが、この青いホッチキスです。


 中学生にとってホッチキスはあまり使う頻度がないので、もらって嬉しいプレゼントではありませんでした。高校、大学でも、そんなにホッチキスを使用する事は無かったので、紛失することなく自宅にあったので事務所に入所時に持ってきました。以来30年間使い続けていました。ここで現役引退に・・。

IMGP1659.jpg

 今回事務所では「フラットクリンチ型」というホッチキスに変更することとしました。針の裏側が平らに綴じられるので、書類を何束も重ねても、従来の「メガネ型」ように厚みが生じません。


 紙を複数枚綴るという、シンプルな道具なので大して構造が進化することもありません。実際「フラットクリンチ型」は、従来のものと比べると単に丸びおおびただけに見えます。

 しかし、針の受け手側にスプリングが仕込んであり、これが平らに綴じることを可能にしているのだそうです。


 IMGP1657.jpg 
 

IMGP1661.jpg

 

 今後は、環境エコを考えると「針なし」のホッチキスになるのでしょう。今回一緒に購入したコクヨの「ハリナックス」。ちょっと穴が大きくて誤って破いてしまった感じがイマイチ・・・。

 ちなみにホッチキスは、現在は失効しているが登録商標。明治時代に伊藤喜商店(現在の株式会社イトーキ)が米国EHホッチキス社製のステープラーを輸入した時に使った名称です。

 一般的な名詞は「ステープラー」。「ステープ(Staple)」1.とじ金 2.股釘(またくぎ)を語源としています。

 2010/08/18 ky

お盆渋滞を避けて、早い夏休み。(時々日記・その他)

(Aug 09, 2010)
 来週になると帰省の時期となり、今年は高速料金1000円は土日だけなので、かなりの渋滞が予想されます。そこで、一週間前に夏休み。 軽井沢に出かけました。もちろん釣竿とギターを持参して。

IMGP1615.jpg
           IMGP1620.jpg
写真上は、6月にも訪れた、「ダムに沈む幻の温泉」のはずだった、川原湯温泉。
今回は、無料の足湯に。けっこうお湯の温度が高いので慣れるまで、最初のうちは足を入れることが出来なかった。
お客は誰も居なかったので、足を漬かりながらのんびり夏山を眺めてた・・・。

 釣りエサが無かったので、いつも立ち寄る万座鹿沢口駅のそば三原の商店街にあるスポーツ用品店。 鑑札も購入可能です。

 

この日は、店内無人。いくら待っても誰も戻らないので、エサの冷蔵庫から、エサをひとつ貰い

代金と「エサひとつ買いました。」のメモをレジのそばに残して来ました。

IMGP1626.jpg

IMGP1625.jpg

 いつもは、三原食堂ですが、本日は前々から気になっていた「藤田食堂」に入って昼食。

 窓や扉はフルオープンで、吾妻川のそばのため風が抜けて、クーラーなしでも充分涼しい。

 オムレツ定食を注文。お皿には、「ふじた」のロゴが!!

 さらに、漬物の小皿にも「ふじた」の文字。 なかなかこだわり。

 キャベツが沢山盛ってあり、お店の女性とキャベツ畑の話しになり、訪れることに・・・。

 IMGP1628.jpg

IMGP1636.jpg

 

 その、広大なキャベツ畑。田代湖の北側に私には無縁の「愛妻の丘」なるものがあり、そこにアプローチする途中の畑。 コスモスも咲いてました。

地元では、キャベツのことを「玉菜(たまな)」と呼ぶそうです。

夏から秋にかけて首都圏の80%は、嬬恋村高原キャベツだそうで、日本一のキャベツ畑。

この近辺では3個で150円。北軽井沢の直売所では2個150円でした。

東京のスーパーでは、1個で189円だった!!

IMGP1639.jpg

キャベツ畑一面の道を走ると、スキーで通い慣れた場所に出ました。

やはり、以前から気になる場所をチェック。

「こども大国」(ちょっと正確ではなかも)という、常に閉鎖された看板が。さらに「日本宝くじ協会」という記載も・・・。

さらに、私が確認したかったのは、その柵の中に存在する人口池。

 60センチ以上は、ある虹鱒数匹。

IMGP1640.jpg
奥の池には、ナブラがたつほど、魚が群れているのが判ります。
養殖しているようですが、看板はない。
しかも、長い間人が訪れた気配はありません。

ちょっと不思議・・・。もうすこし情報を収集してみることに。
 

2010/08/09KY