YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
「月の満ち欠け」佐藤正午
キャベツ畑
散歩釣り第一号
日税連総会
ギブソンLG1最後の週末
ウィンブルドンの美女達(^^)
小指の思い出
被災支援と自助
散歩釣り>>>再チャレンジ
秋葉原夏の陣の後
軽井沢散歩釣
会務後のロールキャベツ(^^)
時々日記 山中会計事務所

2010年4月
<時々日記>

トップページ

時々日記 INDEX

> 2010年4月

みんなの党と鳩サブレー(経済社会一般)

(Apr 30, 2010)
IMGP1078.jpg

4月28日にホテルニューオオタニで開催された、みんなの党の「渡辺よしみ 成長戦略セミナー」に参加しました。

 党首の渡辺よしみ氏とは、数年前地元栃木の事務所にて、消費税改正にともない現行消費税法の問題点を若い税理士の立場から意見を聞きたいという機会があり、仲間税理士数名と会合を持ったことがあります。


IMGP1076.jpg

 昨年自民党を離党しましたが、公務員改革に賛同していたので、彼が「温故知新の会」を作ったので会員になり応援しています。その後昨年8月8日に新党「みんなの党」を結党、いきなり300万票を獲得しました。


 今回のセミナーでは、具体的な施策に乏しく抽象論になってしまったように感じました。しかし、アジアの垣根を低くしてそこで日本の経済成長を実現し国を立て直す。そしてその前提として脱官僚のアジェンダには、希望が持てます。


 実際に会場は、追い風の勢いを感じます。初めて政治家のパーティーに出席したのですが、若い人が多いのが意外でした。一般調査で既に第三党ですが、ネット支持では第二党、さらにロイター通信が行った経済人の支持では、第一党の結果なのだそうです。


 この参議院選に出馬するみんなの党の平均年齢44歳と若く、最近の新党にない新鮮味を感じます。長く続いた自民の淀んだ水を取り替え、魚達は元気を取り戻すはずだったのに、民主は餌をばらまきすぎて、すぐに水を濁らせてしまいました。

IMGP1087.jpg

 独裁幹事長を辞めさせられない党首、それに異を唱えない政治家。政権主導と政治家主導を取り違え、有能な官僚を使いこなせない民主党に、国の舵取りは難しい・・・。
政治に距離をおく自分が、政党パーティーに参加するとは夢にも思いませんでした。でも、それは渡辺よしみ氏に期待するよりも、今の日本のふがいなさに、危機感を感じるからなのです。


 自宅に戻って土産の袋から、でてきたものは、シニカルにも「鳩サブレー」でした・・・。

2010/04/28 ky

「寝違い」と飲酒・・・・(時々日記・その他)

(Apr 16, 2010)

 「寝違い」は、寝相が悪くて首を痛めるのだと思っていましたが、「寝違い」と「寝相の悪さ」は関係ないそうです。

 先日の朝、ベットから起きあがろうとしたら首から背中に激痛が走り、毎朝のように起きあがる事が出来ませんでした。数日間、飲み会が続き泥酔状態で眠りに着いた翌朝の事でした。


 「寝違い」の原因は寝相ではなく寝る際の姿勢が大きく関与しているそうです。特に睡眠時の腕の位置が問題なのだそうです。私は左腕を下にして横に寝る傾向があります。

 
 人は眠っている場合は、無意識に寝返りをうちます。これは、同じ姿勢で寝ていると一部にかかる負担を軽減する自然の行為です。

 しかし、飲み過ぎて寝入ってしまう場合は、ある種昏睡状態なので、寝返りなどの行動が減少してしまいます。その結果同一姿勢のまま眠り続けるので、身体の一部(首の頚椎)を圧迫し、炎症を起こしてしまいます。
 これが「寝返り」なのだそうです。

 
 初めての寝返りですが、かなり重傷で針灸治療とマッサージを受けて治療中です。ギターはなんとか弾けますが、スキー、テニス等の運動は不可能な状態です。

 飲酒も適量にしないと、いけないと反省です・・・・。

2010/04/16 ky

シラサギの犠牲??(時々日記・その他)

(Apr 13, 2010)
IMGP1057.jpg

今朝は自宅を6時前に出て、いつもの神社に立ち寄ると、またまた、シラサギと遭遇!!

今回は遠くに飛び立つ前に、比較的近距離でその姿を撮影できました。

 シラサギとは、全身が白いサギの総称で、シラサギという名の鳥がいる訳ではないそうです。

 ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カラシラサギが該当するようです。

ネットの写真で調べると、どうやらコサギのようです。

全長60センチ。

特徴は、脚、首、くちばしが長い。(他のサギも同じで素人の私にはあまり違いが判らないが・・・。)

繁殖は仲間同士寄り集まり、集団繁殖地の「サギ山」を作る習慣があるそうです。

変換 ? IMGP1058.jpg

 池を覗き込むと、犠牲者(犠牲魚?)。

 一番大きな鯉が、死んでいました。他の魚達は、池の淵の奥にいて、危険を察し、とても泳ぎに出てくる状態ではありませんでした。

 そういえば、今年に入って大きな鯉が死んでいる光景は、二度程ありました。

 水が合わないのかとも思っていましたが、シラサギの仕業だったのかも知れません。

 4月1日の彼と同一鳥なのか? ちょっと口ばしの色が異なりますが・・・・。

 この先、魚達が心配です・・・・。

 

 2010/04/13 ky

住宅街にシラサギ??(時々日記・その他)

(Apr 01, 2010)
IMGP0077.jpg

今日4月1日は、新年度スタートの日。

 毎朝のことだけど、気分も新たに通勤途中に自宅近所の厳島神社に、勢いよく足を踏み入れると・・・・。

 ワサワサとという音と共に、真っ白な大きな鳥が、池の淵から隣の家の屋根に向かって、飛び立ちました。

 ビックリ!! 「なんだー?」

 シラサギ(白鷺)のようです。 

IMGP1040.jpg

 池を覗くと、鯉や金魚達ひとつに固まって奥のほうに集合しています。

 シラサギに狙われ、一番奥に退避していたようです。

 しかし、新宿のこんな住宅街にシラサギが居るなんて。50年以上この地に住んでいるけれど、過去にシラサギは見たことありません。

 

IMGP1039.jpg

 

 そんなに、遠くには飛び去っていないのではと思い、

 神社を離れあたりを見渡すと・・・・。

 居ました!隣の家の屋根の上に。

 10分ほど見ていましたが、飛び去る様子はなく、また神社の池の魚達を狙うのでしょうか?

河川ならまだしも、なぜ「彼」は、こんな新宿の住宅街のど真ん中に、池がありそこに魚が居ることを付きとめたのだろう。不思議だ・・・・・。

2010/04/01 ky