YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

いきなりスキーシーズン⁈
「のどぬーる ぬれマスク」まとめ買い
会務漬け(・・;)
Windowsアップデイトでブレイク
深刻(・・;)>>>墓離れ
鳥肌のたつ朝(・・;)
1人快気祝い(・・;)
おもてなし>>東日本ブロック会議
全米オープンテニス観戦>>美人主審
盲導犬訓練センター視察
東京観光の下見旅
異常気象の夏
1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
ブレイク 山中会計事務所

2013年10月
<ブレイク>

トップページ

ブレイク INDEX

> 2013年10月

散策>>>大崎南口(ブレイク・その他)

(Oct 31, 2013)




日本税理士会連合会の理事に就任したので、大崎の会館に行く機会が増えました。
写真上の中央の大きなビルの手前が、その建物。
南口から北口を撮影したものです。
北口は再開発されとてもおしゃれな雰囲気。
でも、ビル内は個性に掛けるお店ばかりで、飲食店には入る気がしない。
午後1時からの会議まで、時間があったので反対側の南口を散策して見た。



南口駅前の古いビルにある飲食店街。
いい雰囲気。何処のお店も地元サラリーマンでいっぱい。
私には、おしゃれなお店より、こちら側がお好み。



今回は、取り敢えず居酒屋さんのランチメニュー。
刺身定食、コーヒー付きで、600円。
23区内の価格としては、優秀です。


日税連会議の前に、大崎南口を散策することを、二年間限定の趣味にします!
次回の会議が楽しみだ〜(^_^)

2013/10/31
Ky. Blog Press
-- iPadから送信

休肝とギター(音楽)

(Oct 16, 2013)




本日帰宅すると、玄関先にAmazonにて注文した品物が到着してた。
この夏から、休肝日にお世話になっている「ブローリー・プレミアムラガー」。
今回は3箱(72本)...年内は充分かな?


休肝日の習慣は、だいぶ身に付いてきた。
8月の13日間に引き続き、9月は15日間。
10月は山梨、広島、仙台へと宿泊の会務が多く飲酒の機会が多かったが、今日で6日目の休肝日。


今は外飲みはするが、家では「ブローリー・プレミアムラガー」以外は飲まない生活。
休肝を始めた当初は、お酒を飲まないと寝つきだけでなく朝の目覚めも悪くて、昼間眠くて仕方ない日々でした。
最近はそれもなくなり快適に過ごせるようになった。




更に休肝して良かったことは、ギターの練習効果が明らかに違う事。
以前は、仕事が終り入浴後にお酒を飲みながらリラックスして弾いていた。
それはそれで楽しいが、やはり身には付かない。
楽譜は覚えないし、難しい箇所はいい加減な弾き方になるし...。


お酒飲まずに練習すると、頭の中に記憶が、指先に運指が、残る。
脳みそのハードディスクの容量が増えた見たい。
まだまだ何曲かは、暗譜出来そうな気がして来た。


今は先日購入したES125で、以前練習した内田勘太郎さんの曲を覚え直しいてます。お酒はないけど、楽しい秋の夜長を送れて大満足(^_^)。


2013/10/16 Ky. Blog Press
-- iPadから送信

ギブソンES-125>>>>57年製(音楽)

(Oct 01, 2013)

先週末の土曜日は、お客様が某駅前の再開発の立退き問題で、組合と揉め事になり、提携の弁護士事務所にご案内した。

税務、会計の周辺業務として法律問題は常に隣合わせ。
私も法学部出身なのである程度の指導をお客様にすることが有るが、相手方との交渉になれば、直ぐに大学同級生の弁護士にお願いしてます。

さてその弁護士事務所の所在地は、神田須田町です。
我々が大学時代過ごした御茶ノ水駿河台の、目と鼻の先。
つまり、楽器屋さんの街まで徒歩5分。
今回のお客様は、私同様にギター好き。
弁護士との打合せ終了後、楽器街に足が向かうのは、当然の成り行き?


そもそも、ギブソンのセミアコが欲しいと、仰言っていたので黒澤楽器のエレキ専門店の3階へ。
この界隈では、かなり広い店。ワンフロアー全てセミアコ。
200本近い在庫の数に圧倒されます。



写真上は、お客様が購入したES-335系の、ボディーの小ぶりタイプ。
セコハンですが、新品に近い。
335の典型色だが、このレッドは木目が美しい。
お客様が選んでいる一方で、私を惹きつける一本が...。



衝動買い~!!
ギブソンES-125。
しかも1957年製。わたしの生まれ歳。
ちなみに「E」は、エレクトリック。「S」は、スパニッシュ。
何故にスパニッシュかと言うと、当時の電気を通したギターの主流は、ラップトップ(たぶん、スチールギターの類)で、抱き抱えるタイプをスパニッシュと言って区別したそうです。


C90シングルコイルピックアップ。
生音だけでは、ジャズのビッグバンドでは、太刀打ち出来なくなり、従前のギターに、電気増音の工夫を凝らした結果の代物。
40年代、50年代の、伴奏楽器としてカッテイング演奏に向いている。高音の単音弾きは殆ど必要ないので、カッタウェイになっていない。

そこが、アコギ弾きの私には丁度いい。
端切れ良いとカッテイングと枯れたアルペジオ。
週末は、久しぶりに何時間もギターを弾いて過した。


生まれ年のワインより先に、生まれ年のギターを持つ事になとは、想定外でした。
こんな出会いを作ってくれたお客様に感謝ですm(_ _)m。
揉め事が、解決したら一緒に演奏したいものです。

2013/10/01 KY Blog Pree
-- iPadから送信