YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

いきなりスキーシーズン⁈
「のどぬーる ぬれマスク」まとめ買い
会務漬け(・・;)
Windowsアップデイトでブレイク
深刻(・・;)>>>墓離れ
鳥肌のたつ朝(・・;)
1人快気祝い(・・;)
おもてなし>>東日本ブロック会議
全米オープンテニス観戦>>美人主審
盲導犬訓練センター視察
東京観光の下見旅
異常気象の夏
1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
ブレイク 山中会計事務所

2012年7月
<ブレイク>

トップページ

ブレイク INDEX

> 2012年7月

サントリーのトマト(ブレイク・その他)

(Jul 25, 2012)




今年は、自宅のトマトがなかなか赤くならなかった。
昨年7月末には、収穫終わりの時期でしたが、今年はやっと収穫開始。




昨年の品種は、アイコとアスカ。
今年は、プュアースイートミニとシュガーミニ。
いまいち、親しみを感じないネーミング。今年の苗は、あのサントリーです。



ゴーヤもことしは、サントリー。
本日現在、収穫1本なのでかなり期待外れ。
不作は、二年目のジンクスかな~‥‥。



サントリーのホームページ。
お酒だけでなく、健康食品や外食、さらに野菜まで色々やってるんだー。
不作は、天候と育て方が良くないんだろうな〜。
トマトは、これからが楽しみ!

2012/07/25 ky Blog Press
-- iPadから送信

一人芝居「わたしの大手町」(ブレイク・その他)

(Jul 15, 2012)




以前から一度はリアルで観てみたいと思っていた、イッセー尾形の一人芝居に行って来ました。日経ホールで今年が4年目の「わたしの大手町」。7月11日から15日の5回の公演全て大入りと言う大盛況。



開演前の舞台の様子。
中央の白い床と壁が演ずる舞台、左側に衣装と小道具が置いてある。
舞台の設定は、あってもせいぜい椅子一つ。
にもかかわらず、各芝居ごとに、地下鉄の車内だったり、昼休みの公園だったり、上昇の自宅だったり、観客にイメージさせて仕舞う演技に感心させられてしまう。
また衣装替えを観れるのも、役造りの変化の過程を楽しめる。



私には、30年以上まえの「お笑いスター誕生」にて、初めて観た「ビルの間に入り込み、出てくる事が出来なくなってしまうサラリーマン」の一人芝居が今でも記憶に残ってる。
今回購入したDVDボックス。舞台でもこのDVDでも、老若男女様々な役をこなすが、私はサラリーマン物が大好きです。ネタ数は700だそうです。



30年以上、独自の物をやり抜く信念に頭が下がる。彼のライフワークなのでしょう。
購入したDVDの包装紙。
誰が描いた手書きの絵と、昨年末の公演の余り物のアンケート用紙を利用した手作りです。何となく捨てがたい......。これも彼の味かな?

2012/07/15 ky Blog Press
-- iPadから送信

ひとりギター合宿#2・・・エピフォン見直した!(音楽)

(Jul 03, 2012)
__120703-1.jpg

昨年7月31日以来のひとりギター合宿をしてきました。

今回は7月3日と4日の平日だったので私以外の泊り客はほとんど無し。従って、夜遅くでも隣近所の心配せずギターの練習ができました。

今回持参したのは、エピフォンのゼニスとモーリスのW60.。

__120703-2.jpg

 今回は、気合を入れて自宅より、ギター専用の椅子まで持ち込みました。

 合宿といっても、正直言うと復習なのです。レッスンで取り組んでいる課題曲ばかり練習していると、過去に習得した曲が、先入先出法でところてん式にどんどん弾けなくなっていってしまうのを少しでも減らそうという目的なのです。

 そして先入先出に加速をかけているのは、加齢もありますが、楽譜をiPadに取り込んだことも一因と感じています。

 

__120703-4.png
 今年の初め、iPadのPDFリーダーのソフトに、過去の楽譜を全部取り込みました。
 そこそこの曲数が一覧されて感慨深いし、なんともカッコがいい!!
 

__120703-5.png

 楽譜を開くと、こんな感じ。
 紙の楽譜に書き込んだメモや蛍光マーカもそのまま見れるし、このソフトは追記もマーカーもiPad上で使用できるのでとても便利。
 難点は、楽譜のページが変わるとき、指で画面をタッチしなくてはならないこと。つまり一覧性に欠ける。
  そして、なによりもの難点は、・・・・・・。

__120703-3.jpg

 iPadに読み込んだことで、マスターしたの勘違いしてしまい、練習しなくなることです。
便利なツールがあると人間は怠けてしまう・・。
 そこで今回は、紙の楽譜にてこつこつと復習したのでした。

__120703-7.jpg

 部屋の中だけでの練習だけでなく、屋外でも。
 写真左は、午前と午後の練習をみっちり終えて夕方なので、ワインも連れて・・・・。
 屋外でギターを弾くのは、昨年の沖縄嘉陽ビーチ以来ですが、気持ちいいものです!!
 

__120704-6.jpg

今回は内田勘太郎さんの復習をメインにと考えたので、この1947年製のエピフォン・ゼニスを持っていきました。
 正直、あまり弾かないので手放してもいいかなーと思ってました。
 アーチドトップギターには不向きだと思いますが、手持ちの弦が他にはないので、初めてエリクサーのコーティングに張り替えてみました。
 いやー、相性いいです。音がカラッと乾燥した感じでありながら、倍音が響くし。かつ、弾き易い。
 勘太郎のチャキのような枯れた音ではないが、このギターは65年選手ですから、立派な鳴りで素晴らしい。今回の合宿での一番の成果は、このエピフォンが将来手放せない一本であると気が付いたことでした。
 
__120703-8.jpg
左は、合宿番外写真。
 数年前までは、竿をもって散歩しながらヤマメ・イワナを釣るという楽しみがあったのですが、震災の原発事故以来、川魚を釣る気がしなくて、今回も竿は持参しなかった。
 緑の木々が見ることができるバスタブに一日に何度も浸かりながら、音楽を聴くのが今回の楽しみでした。
 醜い足の指でゴメンナサイm(_ _)m
2012/07/03 ky