YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
「月の満ち欠け」佐藤正午
キャベツ畑
散歩釣り第一号
日税連総会
ギブソンLG1最後の週末
ウィンブルドンの美女達(^^)
小指の思い出
被災支援と自助
散歩釣り>>>再チャレンジ
秋葉原夏の陣の後
軽井沢散歩釣
会務後のロールキャベツ(^^)
ブレイク 山中会計事務所

2012年6月
<ブレイク>

トップページ

ブレイク INDEX

> 2012年6月

ギター紹介#10 >>>>モーリスw-60(音楽)

(Jun 26, 2012)
__120620-1.jpgギター紹介10本目は、最近

40年振りにハマったCS&Nの勢いでネットオークションにて落札した1979年製のモーリスのギターです。

 まずは全体像。

__120626-10.jpg トップはスプールース単板。
 

目だつ傷はなく、35年近く経過したギターとは思えない程美しい。

__120620-2.jpg

 ヘッドには縦ロゴ。
 

Mで始まるし、それをCFならぬTFで挟んでる。
モーリースには、過去に横ロゴでマーチンそっくりが販売されたようですが、まじ似のため1年で販売やめたモデルが存在するらしい。

縦ロゴには、寛大のようです。
  

__120626-2.jpg バックは、ハカランダ合板2枚と真中にチェスナットという素材の3ピース。

 

チェスナットとは、調べると栗材で主にエレキで使用されるが、アコギの3ピースバックのセンターに使用されることもあるとの記述あり。
 

__120626-3.jpg サイドもハカランダ合板。

 従って、かなり重いギターです。


変換 ? __120626-10.jpg 指板のポジションマークのインレイン。
 

ヘキサゴン型、すなわち、そろばん玉型(税務署仕様?)。

 ちょっぴりケチって、本家とは異なり1フレットと14フレットにはポジションマークが無い。


 

__120624-4.jpg

 ヘッドは、Vジョイントそして、ヒールは水平方向に接いでいる。

__120624-3.jpg

 高級ギターのネックは単一材になっているが、35年前でも60,000円の価格設定ではさすがに単一材は無理でした。


 

__120624-1.jpg

ジャパンメイドであることが、ラベルで判る。
 
  

__120626-4.jpg

 ヘッド裏側に、シリアルナンバーが刻印。
 830916と読み取れる。

 肝心の音色はどんなもんでしょう?
合板とはいえハカランダなので音の響きは胴響を感じるものの、短音は籠ってしまいストレートに前には出で来ない。

 フィンガーピッキングには、不向きかもしれない。

 しかし、コードストロークは素晴らしい。
 勿論、マーチンのドレッドの様に低音は鳴らないが、箱鳴は充分堪能できる。

__120624-6.jpg

 写真は、2005年のAcoustic Guitar MAGAZINEに掲載されたヤイリのギター。
 そして右側のギターは、昭和48年のYW-600というモデル。
 当時の価格がやはり60,000円の設定なので、私のモーリスW-60と同価格。
 材もトップ単板でサイドバックがハカランダ合半なので、ガチンコです。

 当時の日本はともかく、マーチン社のD-45に、ギターの作り手も、弾き手も憧れていたのでした。

 たまたま、最新号のAcoustic Guitar MAGAZINEでは、日本のCS&Nと言われたガロの大野氏が
 D-45の特集でインタビューを受けています。


 私も何時かは、D-45かな・・・・・。

2012/06/12 ky


  ※過去のギター紹介ブログ

  #1 ギブソンLG-1 2009年6月

  #2 エアーズCSR 2009年 8月

  #3 エピフォン・ZENITH 2009年 10月

  #4 マーチンOO-18V 2010年 4月

  #5 LMG 2010年 9月

  #6 マーチンLMX 2010年11月

#7 ギブソンJ50 2011年4月

  #8 J.K Chaki 2011年8月

#9ラリヴィーOMV-10 2011年11月

ネットで縦ロゴモーリスまでたどり着いた!!(音楽)

(Jun 20, 2012)
__120620-1.jpg

ネットでCDそして楽譜をゲットとなれば、次に欲しいのは、ギターそのもの。


CS&Nと言えば、D-45。あの「シャリシャリ」「ゴツンゴツン」の音で彼らの楽曲を弾いてみたい。

そうは言っても、D-45をネットで買う勇気はないし、資金もない。更には技量もない。
そこで、雰囲気重視で探していると、モーリスの縦ロゴはかなりそれに近いことが判った。

__120620-2.jpg

何本かオークションで落札逃した後に、発見した一本が1978年頃のモーリスW-60。

落札価格34,000円。

Mで始まるロゴは、CFならぬTFで挟まれてマーチンそのもの。30年以上前とはいえよく許された。

トップはスプールース単板、サイドバックはハカランダ合板の、ジャパンメイドの度ドレッドノート。

__120620-3.jpg

送られてきたギターケースと一緒に入っていた、保証書、音叉、フィンガースムース(空)、サムピック。

音叉か~、今は使わなくなった。

__120620-7.jpg

当時の価格が60,000円であることがわかる。

高級ギターである。

テンガロンハット、バーボン、葉巻にカード。

「目指すは、カントリーシンガーしかない!」って感じ。

__120620-6.jpg

 保証書の記入から昭和53年に中学生(字から判断)の鈴木君が購入。

 「ギターの経験は?」のアンケートには、「初めて」にチェックが。34年前に購入する初めてのギターでW60とは、鈴木君は、裕福家の子かそれとも万を辞して「えい!」と購入したのか・・・・?

 

__120620-5.jpgギターについての詳細は、後日のギター紹介ブログに譲るとして、さっそく楽譜というかバンドスコアにて、アコギパートに兆戦。

どの曲も結構ハードルが高い。

「青い眼のジュディ」の変則チューニングは、「EEEEBE」(2弦以外全部Eとは大胆)
ストロークするとそれなりに聞こえてしまうのが不思議。

 YouTube等で画像も探して、少し時間掛けて取組んでみますか・・・・。

2012/06/20 ky

まさかの楽譜も有りか〜!(音楽)

(Jun 17, 2012)






井上陽水、吉田拓郎、杉田二郎等のフォークソングかぶれの高校生の私に、先輩から「聴いた方がいい!」と薦められたのが、CS&N でした。「金字塔」というベスト盤を購入して聴き込みました。
「N」すなわち「Graham Nash」の楽曲が、大好きでした。APP storeでは、入手出来ないのでAmazonで最近購入したCD。1971年の1作目「Songs For Biginners」と2作目「Wild Tales」。




個人的に1番好きなのが、David CrosbyとGraham Nashが、1975年に発表した「Wind On The Water」(写真上)。各楽曲に繋がりがあり、スケールの大きなアルバムになっている。まだ、ウォークマンが世に誕生する前にアメリカに渡った私は、このアルバムをカセットテープに録音し、語学再生用のレコーダーで現地の学生に聴かせてた。今考えると、日本人の超おせっかいな話し‥‥。
こうなると、彼等の楽譜は存在しないのであろうかと気になる。
2007年にギターを始めて5年、楽器店を訪れ度に探したが擦りもしない。
検索すると、「C.S.N&Y/スーパーベスト」が、Amazonでヒット。
中古で4999円、題名もシンプル。米国版のコード符かと思いましたが取り敢えず注文。




なんと、届いたの日本のDOREMIが、1992年に出版したバンドスコアでした。
驚きです。40年前の音だけでなく楽譜まで、夜中に自宅に居ながらにして入手出来てしまうなんて。
そうは、いうても〜、親に内緒で授業をサボって購入したLP盤の方が、思い入れが深いな〜。
2012/06/16. Ky by Bloge Press
-- iPadから送信

40年後だからこそ......C&N(音楽)

(Jun 13, 2012)






2012年1月から、iPhoneに色々な音楽をダウンロードしました。
写真上もその一つ「Graham Nash&David Crosby」。
お酒を飲んで自宅への 帰路、最近必ず聴くのがこのアルバム。
緩くて心地よく、かつアコギの音とハーモニーは、40年後の今聴いても新鮮。




写真上は1972年、今から40年前の高校1年生の時、授業を抜け出して御茶ノ水DiskUnionのセールで朝から並んで購入したLP版。




ジャケットの内側に有る写真。
チープなコーヒーカップ2つと、いかにも豪華なドレッドノートが格好いい!
これをきっかけに、今のIT環境だからこそ入手できる、チョットレアなものをゲットすることに・・・。


2012/06/13 ky
by BlogPress-- iPadから送信

生れて初めて降車してみた都立家政・・・チョット見直したワ!(ブレイク・その他)

(Jun 04, 2012)
__120604-1.jpg

先週の平日夕方、西武新宿線の都立家政の駅に生れて初めて、降りてみた。

 スキー仲間のU田さんから、鷺宮の有名な酒店が経営する焼き鳥屋さんがあると何度か聞かされ、見学に。

 そのお店は見つけたのですが、半地下で入店しにくい雰囲気。しかも、まだ夕方明るいので、パスして商店街を散策。

__120604-5.jpg

 南北にのびる商店街を南下。

 電信柱に「ビリヤード→ココ」の看板が、へーえ、ビリヤード場があるのかと・・・行ってみる。

 なんと普通のお家!!

玄関の扉脇に、価格表が貼ってので、マジ営業です。

__120604-2.jpg

 薄暗くなったので、駅南口すく゜の線路脇にあるお店に入りました。

 「おでん」の店ですが、まだ仕込真っ最中。構わず他のツマミとお酒を注文。

 女性店主と話を進めるうちに、なんと同じ小学校出身と判明。私には、記憶がないのだが、中井に存在したらしいレコード屋さんの娘さんだそうです。

 7歳下なので、被ってないけど、超ローカールな話題で盛り上がった。

__120604-3.jpg

 次に北口で一軒はしご・・・・。

実は、お目当ての焼き鳥やを探している時に、

6時前という明るい時間帯から、満席の赤提灯を発見してしまった。

一軒目のおでん屋さんの情報では、野方か沼袋の有名な焼き鳥屋さんから独立したお店で、

いつも早い時間帯からオープンしているとのこと。

都立家政という住宅街の駅に、こんな新橋のガード下的な、焼き鳥屋さんがあるなんて、

「ちょっと都立家政見直したわ!!」

 __120604-4.jpg

                      

店内の様子。カウンターと外にテーブル席(といっても、ビールケース利用)。

ちょうど煙で顔にボカシが入ってるのでアップしました。

焼き手で店主らしき、女性。

いやー、水分補充しながら、真剣に焼いてました。

ほかに、男性従業員2名いましたが、全員キヒキビしていて心地よかったです。

2012/06/04 ky