YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
「月の満ち欠け」佐藤正午
キャベツ畑
散歩釣り第一号
日税連総会
ギブソンLG1最後の週末
ウィンブルドンの美女達(^^)
小指の思い出
被災支援と自助
散歩釣り>>>再チャレンジ
秋葉原夏の陣の後
軽井沢散歩釣
会務後のロールキャベツ(^^)
ブレイク 山中会計事務所

2011年1月
<ブレイク>

トップページ

ブレイク INDEX

> 2011年1月

スキー人気に回復の兆し???(ブレイク・その他)

(Jan 26, 2011)
IMGP2236.jpg

1月18日の日経新聞に、「スキー人気回復」の

喜ばしい記事。

 80年代後半から90年代初頭のブームを支えた30代から40代が、家族を連れてゲレンデに復帰の傾向があるとの内容の記事でした。

IMGP2243.jpg

 

先週末と先々週末は、仕事が忙しくて泊まりでスキーには行けなかったので、日曜日の午前中だけ、軽井沢プリンススキー場に行ってきました。

左の写真は、午前8時半の初心者ゲレンデ。

さすがに、人は少ない。

IMGP2245.jpg

一番東側にあるアリエスカコース。上級者のみなので比較的いつも空いている場所。

全て人口降雪機で降らせた雪なのでチョット怖い雪質。

圧雪した後に、降らせた人口雪がシャーベット状に表面を覆っているので、一見平らに見えるが、柔らかいので、スキー板で下手にエッジを利かすと、板が埋もれてしまい、バランスを崩します。

 何にものスキーヤー(明らかに初心者でなない)が、転んでいました・・・・。人口雪の深雪のフワフワとは、全くの別物です・・・、要注意。 

IMGP2247.jpg 帰宅する直前の午前11時半の頂上。

 プリンスのゲレンデの山は、矢ケ崎山というらしい。頂上でも1184メートルなので、雪はあまり降らない・・・・。

 新聞記事は本当かなー、大して混んでいる様子ではない。

  2011/01/26 ky                               

志賀高原スキー合宿かなぁー・・・(スポーツ)

(Jan 11, 2011)
変換 ? IMGP2219.jpg

 今回の3連休では、志賀高原のサニープロスキースクールにお世話になって来ました。

 3日間で5回のレッスンを同じ一人のコーチから指導を受けるのは初めての体験でした。

 深雪の滑り、コブの滑り、急斜面の滑りなど、

色々なレッスンでとても勉強になりました。

IMGP2220.jpg

 様々な斜面を有するスキー場だからこそ可能なレッスンでした。 

たまたま担当コーチが、先シーズンまで嬬恋で習っていたNコーチの先輩でした。

世間は狭い・・・・・。

 年始に訪れたスキー場とは違って、志賀のスキー場にはそこそこの数のスキーヤー。 

IMGP2223.jpg

 最終日は、寒波到来の影響で、左写真の電光標示では見にくいですが、高天原でマイナス13度。

  寺子屋では、マイナス15度でした。

IMGP2217.jpg
 今回、初対面のスキーヤー達9人で一緒に寝泊り、飲み会をした部屋。
 まるで運動部の合宿のような雰囲気で、昔、テニスに熱中していた若い頃「ナイスク」というテニス合宿に参加したことを思い出しました。
 最初は馴染めるか不安でしたが、充分溶け込み楽しめました。ギターを弾けないのが残念ですが・・・・。
                                

IMGP2221.jpg

 iPad持参してみました。

 D25HWは圏外でしたが、施設自体に無線ランの環境があったので、夜はネットで時間をつぶすことも出来ました。

 しかし、私の寝床の隣の「オックン」が持参していた、ドコモのGALAXY タブレットは、サイズ手ごろで、とても魅力的な端末に見えました。

欲しいなー・・・・・。

2011/01/11 ky

閑散スキー場・・・ピンチ?(スポーツ)

(Jan 06, 2011)

いよいよ本格的なスキーシーズンになりました。お正月には、パルコール嬬恋と表万座に行ってきました。

IMGP2174.jpg 一日目はパルコール嬬恋。

 スキースクールレッスンは、プライベイトではなく一般のグループレッスンを申し込み。コーチは過去幾度もお世話になっている宮崎さん。あれれれ、生徒さん私一人。結局プライベイトレッスンに。

 
 コーチから話を聞くと、今年の正月は去年より更にスキー客が少ないとのことです。今シーズンより駐車場を無料、小学生以下はリフト無料にしてもこの閑散とした状況・・・・。かなり深刻。


 

IMGP2186.jpg 二日目は表万座。

こちらも小学生はリフト無料。

さらにこのスキー場にアクセスするには避けられない片道1020円の有料道路の料金をスキー場が帰路負担するサービスを開始。


 

IMGP2176.jpg

しかし、ゲレンデはご覧とおり。

豆粒の大きさですが、スキーヤーがたった二人。

こんな広くて長い斜面なのに・・・、贅沢!!

 

IMGP2180.jpg

頂上に乗り継ぐと、人がいない・・・・。

滑りやすいけど、誰も見てくれないのは張り合いがないなー。

 

IMGP2183.jpg

                                                           

 1500台の無料駐車場も虚しいこの状態。


 お昼時に、更衣室兼休憩室入ってみると沢山の人々が持参したお弁当やカップ麺を食べていて異様な臭いが充満。レジャーでもお金を使わないのだー・・・。


 「レストランでお食事のお客様は、お早めに。」という場内アナウンスが、寂しく響いてました。

バブル時期のスキーブームとは、まったく違うゲレンデ模様。

かなりの数のスキー場が閉鎖に追い込まれるかも・・・ ピンチ。

2011/01/05 ky