YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
「月の満ち欠け」佐藤正午
キャベツ畑
散歩釣り第一号
日税連総会
ギブソンLG1最後の週末
ウィンブルドンの美女達(^^)
小指の思い出
被災支援と自助
散歩釣り>>>再チャレンジ
秋葉原夏の陣の後
軽井沢散歩釣
会務後のロールキャベツ(^^)
ブレイク 山中会計事務所

2010年12月
<ブレイク>

トップページ

ブレイク INDEX

> 2010年12月

勘ちゃんの曲にギターコード・ダイヤグラム印の出番なし(音楽)

(Dec 29, 2010)
変換 ? IMGP2143.jpg

以前のブログでも書いたとおり、本年の個人的課題曲の練習は、内田勘太郎ばかりでした。

 とは言っても、「ひきしお」「スターダスト」「わが心のジョージア」の3曲だけですが。

 これで、「ムーンリバー」と合わせて、勘ちゃんのレパートリーが4曲。

IMGP2144.jpg

  なんとか、年内に間に合った(?)「わが心のジョージア」の楽譜。

  なんとか曲の最後までたどり着いたに過ぎないから、あと数ヶ月弾き込まないと、他人に聴かせるレベルには到達しないだろうなぁ・・・。

  長期間練習した割には、比較的書き込みやが少なくて楽譜が綺麗。

IMGP2145.jpg

 楽譜の上にあるコードダイヤグラムを以前は、手書きしてましたが、今は印で押してます。

 この楽譜には、あまりその印の出番は少ないまま、練習を重ねてました。

 あまりにも頻繁に難解なコードが次々に付してあるので、コードに重きを置くと、スムースな演奏にならないと感じたからです。

変換 ? IMGP2146.jpg

 これが、コードダイアグラムの印。

 左が、3フレットまでのもの。

 右が、4フレットまでのもの。

 真鍮製です。

IMGP2151.jpg

 面は、こんな感じです。

 御茶ノ水の老舗ホテル、山の上ホテルのマッチ箱に収納してあります。

 なーんの関連もありませんが。

本年も年末年始は、スキーに行く以外は、ギターの復習に明け暮れそうです。 

正月なので昼から飲酒練習になりそうで、あまり上達はしないかも。

皆さんも、良いお年をお迎え下さい。  2010/12/29 ky

ギターリペア報告#4(音楽)

(Dec 20, 2010)

ギターリペア報告の最後は、ギター紹介#5のLMG Costomです。このギターだけは、バンドの安藤さんの紹介で北海道のルシア安藤さんに修理を依頼しました(ややっこしい?)。


 当初のメールでは相談しながらリペアを進めましょうとのことでしたが、ギターを送ってから50日後に次のようなメールが届きました。


 「トップは合板ですが乾燥しきっていますので音量は結構良いと思います。症状はネックが起き上がっているのと、ブリッジ周りが膨らんでいて弦高が高くなってしまっていましたので、フレット交換と指板修正、それとボディ内部のブリッジプレートを新しいローズウッドに交換しました。あと元々のナットとサドルがプスティックでしたので牛骨に交換しました。あと、エンドピンが金属でしたのでよりドレッドらしく白のプラスティック製に交換しておきました。」

変換 ? IMGP2121.jpg

 仕上がりはこんな感じ。やっぱり合板でした。でも40年近く経過していれば、「乾燥しきっている」という表現はよくわかります。

私が所有する60年代のビンテージのトップやバインディングの色焼け具合がそっくりです。


変換 ? IMGP2124.jpg フレットは全て打ち直し、更に指板がきれいに削られています。

リペアに出す前は、1弦と2弦の1フレットと2フレットは、高校時代ローコードばかり押さえていたのでへこんでいたのに、すっかり新品ギターのように綺麗な状態。
しかもネックが細くなり握り易くなりました。


 たしかにブリッジ付近の盛り上がりが、だいぶ抑えられています。本体内部の裏側の確認できませんが、ブリッジプレートを交換してくれたそうです。

IMGP2123.jpg

 サドルとナットは、牛骨に変更。音質にかなり影響します。


 エンドピンが金属製だったなんて、意識していませんでした。こだわって頂いて申し訳ない気持ち。

 鳴らしてみると、うん胴の響きを体に感じます。音量が十分なばかりでなく、かなり良い音です。マーチンのように鈴鳴りではありませんが、弦をエリクサーに交換すればかなり近づきそう。フィンガーピッキングよりストロークで鳴らしたほうが、乾いた音がして気持ちいい。


IMGP2122.jpg 

この演奏のし易やすさと音は、とても18000円のギターではりません。ちょうどマーチンOO-18Vの修理代と一桁ちがう・・・。

 そしてなによりも感激するのは、高校1年生の時に軽音楽部で弾いていたあのギターを、50歳を経過して今再び弾けるという事です。他のギターとは違った意味で一生大切にしていくギターの一本になりました。

2010/12/20 ky


唐突のスキーシーズンイン(スポーツ)

(Dec 14, 2010)

IMGP2111.jpg

先週末にSIAデモの藤本さんのスキーキャンプに参加しました。

  場所は、「ASAMA 2000 パーク」上信越高原国立公園、高峰高原でした。

  バンド仲間の安藤さんの車にお世話になり、

現地入りは金曜の夜からでした。

IMGP2112.jpg

 目的地付近は、すでに雪景色で、意外にも雪が積もっていました。

 人口雪を覚悟していたのに、天然雪で滑ることが出来てラッキー。

 仕事やら、忘年会やら、バンド練習やらで12月に入ってからは、忙しい毎日で、心の準備もないまま、イメージ作りもないまま、突然スキーシーズンに突入した感じです。

IMGP2113.jpg

 ゲレンデは、こんな感じ。 二日目は快晴で、雪質もバッチリでした。

 こんなに早くにスキーを始めるのは、初めてです。この時期に集まってくるスキーヤーは上手な人ばかりで驚くと共にいい刺激になりました。

 習ったことは、「体幹主導」「両脚一対」。

 なんだろう、自然体でシンプルに滑るということかな・・・。

 これがなかなか難しい。しかし今回はほとんどスキー板を操作するという事はなく、体幹で体重移動をして滑ったので、かなりの本数滑ったけど、さほど疲れなかった・・・。

 

IMGP2109.jpg
 アフタースキーでは、久しぶりにまともなワインを2夜連続で堪能しました。
一夜目は、
 私が持参した「ランシュバージュ94」。
二夜目は、
 安藤さん持参の「コスデストゥネル92」
 なんと当日の夕方、自宅出発直前に電話で話さなければ、お互いに100本近くある中から
同じ「ランシュバージュ94」
を持参したという偶然さ!! 更に車に乗り込むと、イーグルスの曲が・・・。つい今しがたまで運転していた
自分の車で聞いていた音楽と同じと!! バンドを一緒にしていると思考が同じになるのかなぁ・・・・・。   2010/12/14 ky

ギターリペア報告 #3(音楽)

(Dec 07, 2010)
IMGP2085.jpg

2002年製マーチンOO-18V。リペア後はこんな感じ。
うん・・・?

以前となんら変ってないじゃん・・・・。
いやいや、今回のリペア4本で、音が一番激変しました。

IMGP2089.jpg

 アンフィニのブログで取り上げられた、ネックリセットのマーチンですから。

もちろん、そのリペア費用だけでかなりの金額になりました。


 

IMGP2087.jpg

ついでに、ナットとサドルを牛骨に交換。

IMGP2088.jpg 
 

IMGP2086.jpgさらに、ペグも交換。

オリジナルで取り付けてあるペグはオープンギアタイプですが、安価版の為、耐久性乏しいとのことでGOTOH製に交換。

品番はSE780XN-06M。耐久性だけでなく特殊合金を採用しているのでサウンドにも違い出るとのこどですが(素人の私には正直そこまでは判りません。)。


現在バンドの練習では、このギターで参加してます。明らかに、以前と音の輪郭がちがいます。とくに高音の響きは、小振りのボディのものとは思えないほど鳴ってます。

 リペア費用総額だけで、そこそこの単板ギターを一本購入できるくらいで、私が所有するギターで一番高額のものになりました。大切に使用するというより、どんどん弾き込んでみたくなる一本になりました。


2010/12/06  ky


  

ギターリペア報告 #2(音楽)

(Dec 01, 2010)
変換 ? IMGP2075.jpg

1946年製のEpiphoneのピックギター「Zenith」のリペア後の姿です。

この写真では、

 アフターの姿が判りませんが・・・


 なんといっも問題点は、二つでした。

 一つはハイフレットの弦高が高いこと。

 もう一つは、ペグが固いこと。

これは、オリジナルのままなので見るからにギアが磨耗して、うまく噛み合っていなのが原因と、素人ながら思っていました。約65年も前のものですから無理もない。


 

IMGP2038.jpg

                                                              

 調整後の弦高は、こんな感じ。

 ローポジションで1ミリ、ハイポジションで3ミリです。
 

IMGP2039.jpg

 特にハイポジションは指板を削って調整して頂きました。

従ってフレットは、全て打ち直し。

その結果指板は新品のように美しい。

IMGP2037.jpg

 ペグは、潔くGOTOH製に交換。

 品番はSD510-B5-XN。

詳しいことはわかりませんが、クルーソンタイプで自然に潤滑作用がある素材のギアでさらに、ボタンは前と同じブラックということです。

力も入れずストレスなく、チューニングが出きるようになりました。

IMGP2036.jpg

 そしてナットを牛骨に交換。

 白から黒に交換。

 ボタンと同じ色なので、引き締まった外観に。


 実用に耐える、ビンテージピックギターになりました。
 今後は、内田勘太郎さんのチャキシングスの曲は、

 このギターで楽しめます!!

  2010/12/01 ky