YAMANAKA KAIKEI 山中会計事務所

1人テニス合宿?
「山の日」の決め事(^^)
「月の満ち欠け」佐藤正午
キャベツ畑
散歩釣り第一号
日税連総会
ギブソンLG1最後の週末
ウィンブルドンの美女達(^^)
小指の思い出
被災支援と自助
散歩釣り>>>再チャレンジ
秋葉原夏の陣の後
軽井沢散歩釣
会務後のロールキャベツ(^^)
ブレイク 山中会計事務所

2009年8月
<ブレイク>

トップページ

ブレイク INDEX

> 2009年8月

白久のヘビ(アウトドア)

(Aug 17, 2009)
P0533.jpg

ここ数年、毎夏一度だけ訪れる川があります。秩父の荒川村にある名もない川です。

池袋で豆腐店を経営していた叔父が、10年以上前に移り住んだ家の前を流れる川です。

最初に訪れたとき、その川ではだれも釣りなんかしないと言っていました。しかし、夕方に試しに竿を出してみると、ヤマメが釣れました。叔父は、何年も住んでいるけどヤマメがいるとは、思わなかった驚いていました。


それ以来毎年、一回訪れています。池袋から特急に乗り、秩父鉄道の「白久」という小さな駅で降り

変換 ? IMGP0534.jpg

ます。駅には「熊」に注意の立て看板がありました。しかし、今回遭遇したのは、別の動物でした・・・


毎年、夕方4時頃から2時間ほど釣りをします。今回は、いつものポイントに家族連れが犬と一緒に水浴びをしていました。仕方なく、上流に歩き少し険しい場所から入渓。一投目から、当たりはあるけど、直ぐに針を放してしまいます。何度かその繰り返しをしている内に、まったく当たりがなくなりました。もちろん、その間ポイントを何カ所も上流に向かって移動したのですが。


木が覆い茂り太陽の日差しも遮られ薄暗く、長雨でじめじめするチョット寂しげなポイントにて、諦めて納竿。川から道に上がろうとした時、ビックリ!! 全長2メートルはある蛇に遭遇。立ちすくんでしまいました。しかし、蛇は地面や石の壁をスルスル滑るように歩く(?)のですねー。蛇だけ周りの自然とは別物の動きで、まるでCGのようでした。初めての遭遇で写真を取る余裕もなかった・・・。後に調べたら蛇はアオダイショウと判明。大人しいとは判ったが大きさに圧倒された。今更ながら、少しは蛇の事も勉強しとかないと思った。彼らの領域に釣り人が勝手に入っているのだから・・・。

変換 ? IMGP0545.jpg

今回の釣果は、ゼロ。通い続けて初めてのことです。ちょっと気になるのは、川の水が以前より「ひんやり」せず、また下流は、ちょっと生活水の臭いがしていたことです。ゼロは納得できないので、今年はもう一度訪れようと思ってます。

2009/08/16


ギター紹介#2(音楽)

(Aug 06, 2009)
変換 ? IMGP0486.jpg

6月の演奏会が終わってから、1ヶ月半の間、ずーっと弾いているギターは、このエアーズCSR。ナイロン弦を弾き続けていた反動か、鉄弦の響きに浸りたい・・・・・。
また、今練習中の曲が、高音の倍音がほしいので、どうしてもナイロン弦の音は遠慮気味。

このギターは、台湾メーカーですが、制作はベトナムにて完全ハンドメイド。仕様は下記に示すとおりです。

変換 ? IMGP0505.jpg

わたしのエアーズCSRは、3年前インターネットにて購入。お店は、新潟の楽器店「あぽろん」です。アバロン貝の装飾も美しく、ブランドロゴなしのスロッテッド・ヘッド。これが購入の決め手でした。ギターは見た目も大事。知らなければ高級ギターだと思ってしまいます。

このギターもショップで調整してもらっています。弦高調整とサドル・ナットを牛骨に交換。これは、花小金井駅前にある「ギター・リペア」にて。

そして、チュウナーをGOTOに変更。これは、東大和の「アンフィニィ」にて。

チュウナーの変更は、音に大きく影響を与えましたが、なによりも最近頻繁に弾き続けていることによる「鳴り」の変化が顕著です。1弦や2弦のハイフレットの音は、最近マーチンに近いものになってきてます。胴厚のため、ふくよかな音も心地良しです。


今練習中の曲は、押尾コータローさんの「木漏れ日」。

0489.jpg

レギュラーチュウニングの曲なのに、開放弦の響きが美しい名曲です。カポ5フレット装着の曲なので、12フレットジョイントのエアーズCSRでは、チョットハイフレットが厳しいけど、なんとか弾きこなせそうです。

2009/08/06

エアーズCSRの仕様
トップ=シトカスプルース
サイドバック=インディアンローズウッド
ネック= マホガニー
指板・ブリッジ=エボニー
デザイン・技術指導=オーストラリアのルシアージェラード・ジレッド